オセロ(ディスクシステム)

【発売日】 1986年10月13日
【発売元】 河田
【メディア】 ディスクシステム
【ジャンル】 テーブルゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”オセロ ディスクシステム” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

交互に盤面へ石を打ち、相手の石を挟むと自分の石の色に変わり最終的に石の多い方が勝ち。

単純なルールながらゲームとしての複雑さは人間がゲームの木の全展開を把握可能な程度を超えており、いまだにコンピュータによる全解析は達成されていない。

一言で言えば、プレイヤーは「石を黒白交互に挟むように打ってひっくり返し、最後に石が多い方が勝ち」となる。

8×8のマス目の緑色のオセロ盤に、図のように右上を黒として、石を黒白2個ずつ置き、ゲームを開始する。

プレイヤーは交互に黒石、白石を打つ。

石は両面が白と黒になっており、石を打つとき、縦・横・斜め方向に相手色の石を自色で挟み、挟まれた石を自色に返す。

相手の石を返すことができないマスに石を打つことはできない。

打てるマスが全くない場合はパスとなり、相手が続けて打つことになる。

最後まで打って、石が多い方が勝ちである。

「オセロ」「Othello」はいずれもメガハウス(旧ツクダオリジナル)の登録商標であるため、他社やコンピュータ上の製品では「リバーシ」(Reversi)や「白黒ゲーム」などの名前が使われることも多い。

ファミリーコンピュータ版は、旧ツクダオリジナル(現メガハウス)から正式にライセンスを受けて作られている。

記事の引用元はここをクリック

オセロ(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【オセロ(最新無料動画はここをクリック)】