スーパーワンダーボーイ モンスターワールド(セガ・マークIII)

【発売日】 1988年1月31日
【発売元】 セガ
【開発元】 セガ
【価格】 5,500円
【メディア】 2メガビットロムカセット
【ジャンル】 アクションロールプレイングゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”スーパーワンダーボーイ モンスターワールド” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

1988年1月31日発売のセガ・マークIII用ソフト(5,500円)。

アーケード版のような画面レイアウトやウインドウ表示は再現できなかったが、新ステージやボスキャラが追加やFMサウンドユニットに対応しているなど、家庭用独自にいくつかのオリジナル要素が加えられた。

移植にあたってタイトルに「スーパー」が加えられているのは、前作のコンシューマ移植版がSG-1000用の『ワンダーボーイ』に対してセガ・マークIII用が『スーパーワンダーボーイ』となっていた流れを汲むものである。

また、タイトルが『モンスターランド』から『モンスターワールド』に変更されているのは、1986年にエポック社がスーパーカセットビジョン用ソフト『ワイワイモンスターランド』を発売していた関係の商標問題による。

なお、本作を第1作として、コンシューマ機シリーズ作「モンスターワールドシリーズ」が派生した。

記事の引用元はここをクリック

スーパーワンダーボーイ モンスターワールド(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【スーパーワンダーボーイ モンスターワールド(最新無料動画はここをクリック)】