ルナーボール(PC8801)

【発売日】 1985年6月
【発売元】 ポニーキャニオン
【開発元】 コンパイル
【ジャンル】 テーブルゲーム

【中古】攻略本 FC 裏ワザ大全集 Lunar Ball(ルナーボール)の巻【中古】afb

【中古】攻略本 FC 裏ワザ大全集 Lunar Ball(ルナーボール)の巻【中古】afb
550 円 (税込)
発売日 99999999 メーカー 二見書房 型番 - JAN 9784576860237 関連商品はこちらから 二見書房 

【中古】 FC ルナーボール /ファミコン 【中古】afb

【中古】 FC ルナーボール /ファミコン 【中古】afb
498 円 (税込)
ファミコン販売会社/発売会社:発売年月日:1985/11/15JAN:4988013001893機種:ファミコン

【送料無料】【中古】FC ファミコン ルナーボール

【送料無料】【中古】FC ファミコン ルナーボール
780 円 (税込)
画像はサンプルです。セット内容と商品状態は以下をご参照ください。 セット内容:ソフトのみです。外箱、説明書などはありません。 商品状態:ソフト、ラベルに日焼け、汚れ、傷み、剥がれがあります。中古品のため商品によっては多少の汚れやキズがある場合がございます。..
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

概要 (説明はWikipediaより)

1985年にコンパイルが開発し、ポニーキャニオンが販売したゲームソフト。

ビリヤードをモチーフにしてアレンジを加えたテーブルゲームである。

1985年6月にPC-8800シリーズ版が、同年12月にMSX版およびファミリーコンピュータ版が発売された。

ルナー(lunar)とは月のことで、舞台は宇宙に設けられたステージとなっている。

ルールは非常にシンプルで、ルナーボール(いわゆる手球)を撞いて番号の付いた的球(惑星)をポケット代わりのブラックホールに落とし、全部落とせばステージクリアとなる。

ステージ数はPC-8800シリーズ版が20面、MSX版が32面、ファミリーコンピュータ版が60面で、MSX版およびファミコン版は最初からステージ選択が可能となっている。

ステージの形状は変化に富んでおり、オーソドックスな6ポケットを初め、三角形、正方形、八角形、またアルファベットやデザインを象ったものや、中央に障害物が付いたもの、ブラックホールが幾つも仕掛けられたものなど様々である。

また、ボールの配置は2種類ずつあり、ステージによって初めから配置が決められている。

全ての的球をポケット(ブラックホール)に落とせばクリアである。

ただし、手球をブラックホールに落とすと1個失う(ビリヤードでいうスクラッチ)。

3回のショットで1個も的球を落とせない場合も手球を1個失う。

手球を全て失うとゲームセットであるが、手球はゲームスタート時に3個あり、1ステージクリアする毎に手球が1個増えるので、ゲームオーバーになりにくく、初心者にも易しい設定となっている。

得点は的球のナンバーの数に比例し、落とした的球の分だけ得点となるが、一度に幾つも落とすと高得点が稼げる。

また、連続でポケットに的球を落とす毎に、得点のレートが上がっていくので、一層の高得点を稼ぐことが出来る(的球が落ちないショットをするか、スクラッチになったときにレートは1に戻る)。

当該ステージにおいて全てのショットで的球を落としてクリアした場合はパーフェクトボーナスとなり、高得点が与えられる。

記事の引用元はここをクリック

ルナーボール(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【ルナーボール(最新無料動画はここをクリック)】