ポートピア連続殺人事件(MSX)

【発売日】 1985年6月
【発売元】 エニックス
【開発元】 堀井雄二
【ジャンル】 アドベンチャーゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”ポートピア連続殺人事件” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

堀井雄二がデザインしたアドベンチャーゲーム。

1983年6月にエニックス(現在のスクウェア・エニックス)よりPC-8801版から発売され、当時の多くの家庭用PCに移植された。

発売当時の現代日本を舞台にしたアドベンチャーゲームで、プレイヤーは神戸市で起こった殺人事件を担当する刑事となり、相棒のヤスと共に事件の背景を探り真犯人に迫っていく。

社会派推理小説を意識したストーリーとなっており、その結末にはどんでん返しの展開が設けられ、真犯人の正体の意外性が話題になった。

発売当時のゲームはSFやファンタジーといった現実から離れた物語のジャンルが主流で、本作のような現代日本を舞台とするゲームは初めてではないものの、少数派であった。

また、当時のアドベンチャーゲームというジャンルも、宝探しか迷宮脱出のいずれかに分類できるようなゲーム性のものがほとんどであり、本作のように実在する土地を舞台に、人間ドラマを盛り込んだ小説仕立てのストーリーが展開されるという趣向は、革新的なものであった。

一方、ゲームシステムの制約から、アリバイ崩しのような複雑な展開を盛り込むことは断念され、事件の因果関係を明らかにしていくというストーリーが設定された。

最後に意外性のある結末でプレイヤーを驚かせるという手法を用いたのも、少ない容量で娯楽性を追求するという制約の中で生まれた工夫による。

発表当時のゲーム業界は個人による開発が主流で、分業がほとんどされておらず、本作もオリジナル版のPC-6001、PC-8801版では、プログラム・シナリオ・グラフィック等の全ての作業を堀井が1人でこなしている。

後に堀井雄二がシナリオを担当したアドベンチャーゲーム『北海道連鎖殺人 オホーツクに消ゆ』(1984年)、『軽井沢誘拐案内』(1985年)と本作を合わせて「堀井ミステリー三部作」とも呼ばれる。

記事の引用元はここをクリック

ポートピア連続殺人事件(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【ポートピア連続殺人事件(最新無料動画はここをクリック)】