魔城伝説(MSX)

【発売日】 1986年1月
【発売元】 コナミ
【開発元】 コナミ
【ジャンル】 シューティングゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”中古 魔城伝説 ソフト” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

コナミ(現・コナミデジタルエンタテインメント)より1986年にMSX用に発売されたトップビューの縦スクロールシューティングゲーム。

当時のシューティングゲームとしては珍しいファンタジー路線で、主人公ポポロンがヒュドノスにさらわれた姫・アフロディテを助けるというストーリーとなっている。

ポポロンは弓矢を使い、襲い来る魔物を倒していく。

なお、本作の主人公ポポロンは後にMSX版『パロディウス』に魔物退治と称して参加している。

ゲームシステムではアーケードゲームである『ファイナライザー』と武器やパワーアップシステムで共通する部分が多い。

縦スクロールシューティングゲームである。

主人公はポポロンとなり、ヒュドノスを倒すために8つのステージをクリアしていく。

各ステージの地面には、クエスチョンマークのついた物体が配置されている。

これはアフロディテが残した道標という設定になっている。

武器を当てるとチェスの駒をモチーフにしたジュエルが表示され、取ると得点が増えたり特殊効果が発動したりする。

まれに障害物になるものもある。

また、所定の位置に来ると、パワークリスタルおよびウェポンクリスタルが画面上部より現れる。

前者によってポポロンはスピードアップや透明化などのパワーアップをすることが可能となる。

後者では新しい武器を選択することができる。

各ステージの最後にはボスキャラがおり、次のステージへのゲートを守っている。

ステージによっては、川に橋がかかっていないこともある。

そのときは川に向かって武器を撃ちながら探す必要がある。

画面の両端に地形があり、スクロールに挟まれるとプレイヤーアウトになる。

地形のないところでは左右が繋がっていてワープできる箇所がある。

F1キーでポーズをかけるとポポロンは布団に入って鼻提灯を膨らませる。

ポーズシーンにおいてこのような「遊び」が導入されたのはコナミのMSXゲームでは本作が初である。

記事の引用元はここをクリック

魔城伝説(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【魔城伝説(最新無料動画はここをクリック)】