偽典・女神転生 東京黙示録(PC9801)

【発売日】 1997年4月4日
【発売元】 アスキー
【開発元】 アスキー
【ジャンル】 ロールプレイングゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”女神転生 東京黙示録” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

1997年にPC-9800シリーズ用、1999年にWindows用ソフトとしてアスキーより発売された。

キャラクターデザインは相崎勝美 / 相崎直美。

背景設定としては、大破壊後、『真・女神転生』の主人公が金剛神界に留まっている間の物語とされている。

『デジタル・デビル物語 女神転生II』のゲームデザインを手掛けた鈴木一也がゲームデザインを担当しており、設定や物語上で多くの共通点が見られる。

また、鈴木が原作を担当した漫画『真・女神転生 東京黙示録』(作画:御祇島千明)とも関連性があり、未完のため不明となっていた漫画版での謎がごく一部であるが補完されている。

ゲームシステムには、真・女神転生シリーズのTRPG版である真・女神転生RPG基本システム(鈴木一也製作)のルールと類似したものが利用されており、覚醒条件や、仲魔の成長、スキル系統など、ほぼそのままとなっている。

そういう意味では本作はTRPGをコンピューターで再現したゲームといえる。

また、TRPG雑誌『ログアウト』でも、継続して特集が組まれ、いわゆる、TRPGのルールのメディアミックス展開の一つであった。

女神転生シリーズの中では、屈指の性的描写やグロテスクな描写が存在しているが18禁の年齢制限はない。

覚醒イベントにより、主人公は魔法や技能を覚えることがある。

真・女神転生RPGシリーズの特徴的システムで、今作でも採用されている。

記事の引用元はここをクリック

偽典・女神転生 東京黙示録(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【偽典・女神転生 東京黙示録(最新無料動画はここをクリック)】