マスターオブモンスターズ(PC9801)

【発売日】 1989年9月
【発売元】 システムソフト
【開発元】 システムソフト
【ジャンル】 シミュレーションゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”マスターオブモンスターズ” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

1988年にシステムソフトより発売されたパーソナルコンピュータ(PC-8800シリーズ)用ゲームソフトとして発売されたファンタジーウォー・シミュレーションゲームである。

本作は、システムソフトの看板作である現代戦ウォーシミュレーションゲーム『大戦略』(1985年)シリーズにファンタジー要素を取り入れたものであり、同シリーズの派生作である。

ヘックスにより構成されたマップ中において、モンスターを召喚し戦力とし、敵マスターを撃破することを最終目標とするファンタジー・ウォーシミュレーションゲームである。

各陣営は大戦略における首都の代わりに、将棋の王将に相当する「マスター」というユニットを持つ。

このユニットのHPが0になるとその陣営は滅亡する。

移動は城・城郭・塔のみに限定され、移動速度は3である。

HPは100で、回復することができない。

第一装備の格闘は弱いが、第二装備の魔法は強力である。

マスターは、ウォーロック、ソーサラー、ウィザード、ネクロマンサー、サモナーの5種類から選択。

複数の陣営が同じマスターを選択することも可能。

マスターにより、召喚可能なモンスター、属性、召喚可能な精霊、攻撃方法、自身の各種属性攻撃に対する防御率に差異がある。

移動の制約によりマスターが前線に出て戦うことができるマップは限られる。

PC-9800シリーズ版はオリジナルであるPC-8800シリーズ版が陣営色単色による表現だったのに対し、PC-9800シリーズ版ではユニットの戦闘シーン用グラフィックが向上した。

キャンペーンシナリオが追加された(使用可能なマスターはウォーロックのみ)。

LV4の進化をするユニットが登場した(ドラゴン(LAW)→ラージドラゴン(LAW)→ファイヤードラゴン→キングドラゴン)

サモナーの第二武器は他のマスターと同様に魔法になった。

モンスターが進化しても召喚できる種類はそのままLV1のままになった。

キャンペーンシナリオではモンスターそのものを引き継ぎ、配置するコマンドが追加された。

記事の引用元はここをクリック

マスターオブモンスターズ(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【マスターオブモンスターズ(最新無料動画はここをクリック)】