夢幻戦士ヴァリス(PC9801)

【発売日】 1987年4月
【発売元】 日本テレネット
【開発元】 ウルフチーム
【ジャンル】 アクションゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”夢幻戦士ヴァリス” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

1986年に日本テレネットが発売した、横視点スクロールのアクションゲーム。

開発は同社・ウルフチーム。

パソコン雑誌『LOGiN』が主催した、各ゲームメーカーが製品以外のゲームソフトを作成して技術力とアイデアを競う企画「ゲームオリンピック」に参加するため、日本テレネット社内で秋篠雅弘ら有志により極秘に開発されていた『スケ番不良伝説』が元になっている。

スクロール描画速度を確保するために、RGB3プレーンのうち2枚だけを使用する4色カラーのゲームだった。

これが、社の幹部の知るところとなり、正規の製品として昇格して新たに開発を続けることになった。

こうしてできた作品が第1作の『夢幻戦士ヴァリス』である。

8色フルカラーグラフィックによるスクロールを滑らかに実行するために、動作するのはハードウェアグラフィック処理が搭載されているPC8801mkIISR以降用に限定されていた。

ゲームの主人公である麻生優子のファンクラブが結成されるほど人気を集めたためシリーズ化され、多くの機種に移植された。

デザイン画が事故によって失われたため、1作ごとにキャラクターデザインが異なっている。

本作の発表時、ファンタジー系の洋書イラストや漫画やアニメ等に登場する女戦士はビキニアーマーを着けていることが多かった。

本作のヒットとシリーズ化は、そのイメージをゲーム業界にも定着させた。

その一方で一見軟派なイメージとは異なり、ステージ間のビジュアルシーンにおいて語られる作品テーマは、非常に重いもので、この二面性の絶妙な混在でプレイヤーに強い印象を与えることに成功しており、同時に本作が他社の亜流作品と一線を画す、要因にもなっている。

記事の引用元はここをクリック

夢幻戦士ヴァリス(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【夢幻戦士ヴァリス(最新無料動画はここをクリック)】