ディープスキャン(アーケードゲーム◆セガ)

【稼働開始日】 1979年
【発売元】 セガ
【開発元】 セガ
【ジャンル】 シューティングゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”セガ アーケード” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

1979年にセガ(後のセガ・インタラクティブ)が開発したアーケードゲームである。

セガが当時発売していた2in1筐体のシリーズ、『スペシャルデュアル』の一つとして発売された。

2in1筐体に用意されたものは、『インビンコ』または『カーハント』と一緒に『ディープスキャン』が入っていた。

『ディープスキャン』がおまけ扱いとしていたが、こちらがヒットしたため、『ディープスキャン』専用のアップライト筐体も作られた。

セガは『ディプスチャージ』と『ディープスキャン』の間にグレムリンを吸収しセガ・グレムリンとしたため、当時のグレムリンのゲームにはセガにライセンスされたものが多い。

『ディプチャージ』から『ディープスキャン』への流れもこの理由による。

ヘッドオン基板を使用しているが、この基板自体もセガ・グレムリンが開発したものである。

プレイヤーは左右2方向に駆逐艦を動かし、2つのボタンでそれぞれ左右に爆雷を落として、敵の潜水艦を撃破する。

潜水艦から発射された機雷に当たると撃沈される。

潜水艦のスピードは表示されている数字が小さいほど高速であり、得点は深度が深いほど高得点となっている(おおむね深いところほど移動速度が速い)。

BGMと言えるものはなく、潜水艦内の探針音と、爆発音のみが流れている。

潜水艦の出現はパターン化されている。

爆雷の弾薬数は常時最大6発と限られており、6発が画面上に残っていると弾切れを起こす。

記事の引用元はここをクリック

ディープスキャン(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【ディープスキャン(最新無料動画はここをクリック)】