ディグダグ(アーケードゲーム◆ナムコ)

【稼働開始日】 1982年4月19日
【発売元】 ナムコ
【開発元】 ナムコ
【ジャンル】 アクションゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”ディグダグ” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

ナムコ(後のバンダイナムコゲームス)が1982年3月に発売したアーケードゲーム。

キャッチコピーは「戦略的穴掘りゲーム」。

縦型固定画面のゲームで、4方向レバーと1つのボタンを使用する。

レバーで主人公ディグダグを操作、移動先に地面があるときには掘りながら進んでいく。

移動しているときに音楽が流れる(停止時は緊迫する効果音)。

地中という設定ではあるが、岩を除くキャラクターに重力の概念は存在せず、地上に対して垂直に掘られた縦穴も難なく上がることができる。

ボタンは銛を投げるのに使用する。

敵は銛に当たると気絶し、ボタンを続けて押す(連打、または押したままにすると)とだんだん大きく膨らむ。

連続して3回膨らませると破裂させて倒すことができ、深い地層で倒すと高得点となる。

膨らまされた敵は身動きできなくなり、ディグダグが背後をすり抜けてもミスにならない。

膨らんだ敵を放置すると少しずつしぼんで元に戻る。

また、レバーを進行方向に入れながらボタンを連打することでボタンを押すだけよりも素早くパンクさせることができる。

複数の敵に追われてる状況において切り抜ける有効なテクニックといえる。

時間が経つと効果音と共に敵のスピードがアップする。

敵が残り1匹になると、短い音楽と共に撤退行動を取る。

画面上の敵を全て倒すか、敵が撤退すると面クリアとなる。

アーケード版は255面をクリアすると次の面で既にモンスターに触れている状態から始まり、ラウンド開始と同時にミスとなる。

記事の引用元はここをクリック

ディグダグ(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【ディグダグ(最新無料動画はここをクリック)】