ポンポコ(アーケードゲーム◆シグマ商事)

【稼働開始日】 1982年
【発売元】 シグマ商事
【開発元】 セイブ開発
【ジャンル】 アクションゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”LSIゲーム” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

1982年にてシグマ商事(後のケイエム企画)がリリースしたアーケードゲーム。

開発は後にシューティング界のヒット作『雷電シリーズ』を生み出す事となるセイブ開発が行っている。

ジャンルとしてはジャンプ動作のある、横視線の固定画面でゲームが進行するドットイートタイプアクションに該当する。

全20ステージ構成だが、それをすべてクリアしてもステージが続くエンドレスループゲームである。

主人公の狸を操作して画面内に8つ配置されているアイテムをすべて回収すればステージクリアとなる。

アイテムはステージによって違い、フルーツや野菜などの他に何故かビールが配置されているステージもある。

おそらく「ビールは狸の大好物なんだろう」と解釈するしかないのかもしれない。

ステージ内には敵があちこちでうろついており、これをかわす必要がある。

フロアのあちこちに「画鋲」や「穴」があり、それらをジャンプしないと先に進めない。

狸が主役、アイテムは果物や野菜、敵がネズミや蛇など、ほのぼのした雰囲気がある。

システムがシンプルで分かりやすく、パターンを見切る面白味がある。

ステージを進める度にアイテムや穴などの配置が厄介になる。

小ジャンプの方が大ジャンプより速いため、可能な限り小ジャンプを使う方がいいのだが、当然ジャンプ距離は短い。

双方のジャンプの使い分がコツの一つ。

非常にシンプルなルールであり、初見のプレイヤーでも即効で入り込める親しみやすさを持っている。

ただそうは言っても、ゲーム性の淡泊さは否定できない。

出来が悪いという訳ではないものの、影に隠れてしまう存在だった。

残念ながら家庭用移植の類は全くされておらず、今プレイする環境は大幅に限られるのが実情なのが悲しいところ…ではある。

知名度の低い当作品だが、韓国では日本では考えられない位に大ヒットを記録し、レトロゲームの代名詞のひとつとして挙げられる位に人気があった。

その為、1999年頃にはアプリ等で移植されたり、イオリス社からリメイク作品として「ラクーンワールド」というアーケード作品もリリースされている。

記事の引用元はここをクリック

ポンポコ(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【ポンポコ(最新無料動画はここをクリック)】