ドンキーコング3(アーケードゲーム◆任天堂)

【稼働開始日】 1983年10月
【発売元】 任天堂
【開発元】 任天堂
【ジャンル】 シューティングゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”GAME&WATCH ゲーム&ウオッチ” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

『ドンキーコング』『ドンキーコングJR.』に次ぐ、ドンキーコングシリーズ三作目。

過去ニ作とは打って変わり、ゲーム&ウオッチの『グリーンハウス』をベースとした固定画面型シューティングゲームとなっている。

『1』ではプレイヤーキャラ、『JR.』では敵役だったマリオは一切登場せず、プレイヤーは「スタンリー」という本作オリジナル主人公を操る。

前作では囚われ役だったドンキーはお供(?)の虫軍団を引き連れてボスに返り咲いている。

フラワーパークを襲ってきたドンキーコングや昆虫たちを撃退するため、スタンリーがスプレー片手に立ち向かう、というバックストーリー。

ちなみに、スタンリーの姿は赤いツナギと青いシャツはマリオそっくりだが、帽子と髭がない。

マリオが登場しないのは、「元々はマリオのペットだったドンキーが、第一作で悪戯をした結果前作(JR.)を経て売却された」という設定のため。

全3ステージ構成のエンドレス制。

スタンリーをレバーで操作し、ショットボタンで殺虫剤にて上方向に攻撃。

下に段差がある場合はレバー下で降りる。

レバー上でジャンプする。

ジャンプは、上に床があれば上の段に昇り、ない場合は元の場所に着地する。

画面上中央にいるロープにぶら下がったドンキーをショットで画面上まで追い込むか、ドンキー以外の一定の虫をショットで全滅させるかのどちらかでクリア。

スプレーの射程は短く、また失速するため遠くの敵には当たらない。

そのため、ドンキーを最上段まで追い込むためにはジャンプ撃ちが必須だが、ジャンプ中は操作が効かないため状況をよく見ないと危険。

3ステージ目のロープが短く、天井にキャップがあるステージでは虫が無限湧きするため、クリアするにはドンキーを上にある蜂の巣へ追い込む必要がある。

画面下部に5つの植木鉢があり、放置していると虫がそれを持っていってしまう。

画面外に敵が消える前に倒すと植木鉢は元の場所に戻るが、消えてしまうとステージ内では二度とその植木鉢は戻ってこない。

本作に唯一存在するアイテムが「パワースプレー」である。

ステージ開始時に画面上部に設置されていて、ドンキーを撃って上の方に押し上げると、ドンキーの手に当たって落ちてくる。

それを取ると、一定時間の間、ショットの攻撃性能が上がる(この状態でないと倒せない敵もいる)。

STG単体として評価した場合、重力や失速の概念があるなど、当時の主流だった安易な宇宙戦争モチーフのものに比べて個性と説得力を持っている。

また必要な要素を1画面内に過不足なく詰め込んでおり、それでいてごちゃごちゃしていない。

過去ニ作に比べるとジャンルが異色で、設定上も繋がりが薄く、シリーズとして見ると知名度が低い一作。

だからといって出来が悪いということはなく、さくっと遊びやすいゲーム性を持った作品である。

本作発売後、11月にゲーム&ウオッチで『ドンキーコングホッケー』がリリースされたのを最後に、ドンキーコングシリーズは10年もの沈黙期に入ることになる。

記事の引用元はここをクリック

ドンキーコング3(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【ドンキーコング3(最新無料動画はここをクリック)】