スーパーバスケットボール(アーケードゲーム◆コナミ)

【稼働開始日】 1984年9月
【発売元】 コナミ
【開発元】 コナミ
【ジャンル】 バスケットボールゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”コナミ アーケード” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

コナミ(現・コナミデジタルエンタテインメント)が1984年に発表したバスケットボールゲーム。

コナミ初のバスケットボールゲーム。

8方向レバーで選手を操作し、3つのボタンをそれぞれドリブル、パス、シュートに使用する。

自チームが100対115の15点差、もしくは、70対78の8点差(ディップスイッチで設定変更)で負けている状況からゲームがスタートする。

ここから残り時間1分で逆転勝利をおさめることがクリアの条件。

当時の雑誌広告では、ハイパーオリンピック、ハイパーオリンピック’84に続くコナミ・スポーツシリーズ第3弾と謳われており、最初にネームエントリーを入力する点も共通している。

なお、同広告には第4弾として「スーパーアイスホッケー」が告知されていたが未発売。

記事の引用元はここをクリック

スーパーバスケットボール(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【スーパーバスケットボール(最新無料動画はここをクリック)】