B-WINGS(アーケードゲーム◆データイースト)

【稼働開始日】 1984年10月
【発売元】 データイースト
【開発元】 データイースト
【ジャンル】 シューティングゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”レトロアーケード” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

1984年にデータイーストから稼動されたアーケード用縦スクロールシューティングゲーム。

日本国内での一般的な呼称は「ビー・ウィング」。

なお、FC版では「B-ウィング」とも表記されている。

タイトルのBはBattleの意味である。

自機である通称「B-WING」ことFX-1を操作し、奪われたウイングを奪還するためゴブナスを倒すのを目的としている。

自機FX-1(メイン・ファイター)を操り、自機のパワーアップパーツとしての各種WINGを装着して戦いを有利に進め、各ステージの最後に待ち構えるゴブナスと呼ばれる重機動要塞を破壊して行く。

8方向レバーと2つのボタンを用いて操作する。

レバーで自機の移動、ボタン1で攻撃、ボタン2はウイング装着時はウイング解除、非装着時は低空へ降下する。

自機を横方向へ操作すると、背景はつられて無限にスクロールする。

上下2階層の構成となっている。

自機は通常は上空におり、ウイングを装着していないときにボタン2を押すことで低空へ降下する。

低空への降下時には上空の敵機や弾、障害物からは無敵となる。

低空にいる際は、低空の敵機や背景と衝突するとミスとなる。

低空への降下を行うと一定時間経過後に強制的に上空に戻る。

低空にいる時も攻撃する事は可能。

アーケード版は全45ステージ、FC版は全30ステージ構成。

同社の『ザビガ』(1984年)と同じ敵が一種類のみだが登場するため、『ザビガ』の続編とする雑誌記事もあった。

記事の引用元はここをクリック

B-WINGS(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【B-WINGS(最新無料動画はここをクリック)】