スペースエース(アーケードゲーム◆ユニバーサル)

【稼働開始日】 1984年
【発売元】 ユニバーサル
【開発元】 シネマトロニクス
【ジャンル】 その他

[csshop service=”rakuten” keyword=”LSIゲーム” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

1984年にリリースされたレーザーディスクゲーム。

発売元はシネマトロニクス(日本国内ではユニバーサル→現:ユニバーサルエンターテインメント)。

アニメーションは、ディズニーを退社したドン・ブルースによるもの。

前作『ドラゴンズレア』のシステムを引き継いでおり(スタッフも全く同じ)、各ステージでの「アクシデント」(無差別に攻撃してくるモンスターや罠など)を、レバーやボタンの入力により回避していく。

一部のステージでは宇宙戦闘機に乗り、敵の戦闘機や障害物を破壊したり回避したりする。

操作ミスをしたり敵の攻撃を受けるとライフが1人減り、0になった時点でゲームオーバーとなる。

『ドラゴンズレア』のプロトタイプ版のみ存在していた分岐ルートも追加されており、難易度も『ドラゴンズレア』よりも若干抑えられた。

ENERGIZEの表示が出る時にボタンを押せば、スペースエースに変身可能でひ弱のデクスターのままでステージをクリアする事も可能となっている構成となった。

記事の引用元はここをクリック

スペースエース(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【スペースエース(最新無料動画はここをクリック)】