マーブルマッドネス(アーケードゲーム◆アタリゲームズ)

【稼働開始日】 1984年
【発売元】 アタリゲームズ
【開発元】 アタリゲームズ
【ジャンル】 アクションゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”LSIゲーム” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

自機のビー玉(マーブル)を操作しゴールを目指すクォータービューのゲーム。

操作はトラックボール(備え付けのボールを手で回転させて操作する物。

マウスをひっくり返して固定した物だと思えばいい)を使って行う。

サウンドは当時としては珍しいFM音源のステレオ演奏。

ゲームデザイン・企画は同社で『メジャー・ハボック』を手掛けたマーク・サーニー。

クォータービューで描かれたマップ上で、重力にしたがって転がるボールをゴールまでたどり着かせればクリアとなる。

プレイヤーはトラックボールを動かす事で自機であるボールを操作する。

ボールには慣性が効いており、急に止まったり曲がったりはできない。

もちろん重力にも左右される。

ステージは基本的に直線と直角で構成されている。

ゆるやかなカーブなどはない。

コースから外れ、落ちてしまうとミス。

高いところからコースに落ちると、一時的に操作不能になる。

より高いところから落ちると、ボールが割れミスとなる。

道中には障害や敵等が仕掛けられている。

障害は、開閉する跳橋や、吸い込むラッパ、床から飛び出る杭など様々。

ステージをクリアする毎に一定秒数追加されていく。

1秒でも早くクリアすると、次のステージの制限時間がその分増加する。

全6ステージ。

独特の操作感と、斬新なゲーム性。

トラックボールのみというあまり見ない操作系。

さらに慣性が効いているため、微妙な操作を要求される点も真新しい。

ステージはワイヤーフレームのようなシンプルな格子状を基本として表現されているが、それが逆にクォータービューと合わせスタイリッシュなものを感じさせる。

ボールの動きは、当時としてかなり緻密に描写されている。

複雑なコースを巧みに転がっているボールの様子は、見ているだけで楽しい。

さらに床に落下した時の割れる描写、各敵の動きややられる様なども、丁寧に描かれている。

進みやすい広い場所、逆にボールの直径とほぼ同じ狭い道、直角に曲がりくねるコース、斜めに降りる坂、途中分岐、ジャンプで越える谷間など、様々な要素で構成された各コース。

トラックボールのみでの操作、しかも緻密な操作を要求されるゲームでもあるので、慣れるまではプレイがなかなか厳しい。

些細なことで簡単にミスしてしまう。

音もお洒落ならグラフィックやギミックもお洒落で、不思議な生き物が画面の中で活き活きとうねうね動く。

数少ない「トラックボールを生かしたゲーム」としては至極シンプルな楽しさを持ち、また側で見ていても楽しいゲームである。

記事の引用元はここをクリック

マーブルマッドネス(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【マーブルマッドネス(最新無料動画はここをクリック)】