コナミのピンポン(アーケードゲーム◆コナミ)

【稼働開始日】 1985年5月
【発売元】 コナミ
【開発元】 コナミ
【ジャンル】 スポーツゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”コナミ アーケード” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

コナミ(現・コナミデジタルエンタテインメント)から1985年に発売された卓球をモチーフにしたコンピューターゲーム。

MSXとアーケードゲームでほぼ同時期に発売された。

プレイヤーは手首とラケットのみが表示され、その他の部分は全て省略されている。

ボールの軌道や効果音などはPSGながら性能の限られた当時のハード上でリアルに再現されている。

また、ラケットの左右移動は自由に行われるため、タイミングさえ合えば比較的簡単にラリーの応酬が続けられる。

上手くスマッシュが決まると拍手や口笛が飛ぶ。

地味ながら、上手く作られた卓球ゲーム。

2人プレイも可能。

タイトル画面と観客席には『けっきょく南極大冒険』(1983年)のペンギンが登場しており、プレイヤーの勝敗に応じて喜んだり泣いたりする。

記事の引用元はここをクリック

コナミのピンポン(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【コナミのピンポン(最新無料動画はここをクリック)】