COP 01(アーケードゲーム◆日本物産)

【稼働開始日】 1985年9月
【発売元】 日本物産
【開発元】 日本物産
【ジャンル】 アクションゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”日本物産 ニチブツ” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

日本物産の横スクロール2Dアクション。

作曲家「吉田健志」のゲーム音楽デビュー作として知られ、同時代のゲームと比較するとBGMの1ループあたりの時間は長い方に入る。

画面左から右側へ任意スクロールしていく。

特に制限時間は表示されないが、画面左から炎が迫ってきており、接触するとミスになる。

画面右端のゴール又は道中にあるエレベーターに乗るとステージクリア。

各種ステージをクリアし、ボスにとらわれたステイシーを救出するのが目的。

通常ステージを突破した後、最終ステージ端に到達するとボス戦になる。

ボス戦ではルールが異なり、彼女を盾にして移動するボスで狙撃するものになる。

制限つきではあるがデメリット無しに自由飛行が可能な事もあって、難易度はそれほど高くなく遊びやすい。

ルールも複雑でないためとっつきやすい。

この頃の作品にしては珍しくルート分岐があり、一部のステージの途中にあるエレベーターに乗ることでルートを変更する事が出来る。

いくら進行しようともステージの概観にあまり変化が無いため、自分がどれほど進んだのか実感がわきにくい。

とっつき易く遊びやすいのは結構だがその分飽きも早い。

ボリュームにやや欠ける点を除けば取りとめて目立った欠点の無い平凡なゲームである。

ただ、本作から日本物産と吉田健志の関わりが始まったと考えると、そういう意味ではある意味重要な、ニチブツ作品の一つの変換点とも言える一作か。

また、このゲームは後にROM交換で『マイティガイ』に改造されてしまった為、現存数が少ないと言われている。

記事の引用元はここをクリック

COP 01(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【COP 01(最新無料動画はここをクリック)】