ヘビーウェイトチャンプ(アーケードゲーム◆セガ)

【稼働開始日】 1987年9月
【発売元】 セガ
【開発元】 セガ
【ジャンル】 ボクシングゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”セガ アーケード” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

セガ(現セガ・インタラクティブ)が1976年に発売したボクシングゲーム。

ゲーム史上初の対戦型格闘ゲームだと考えられている。

オリジナル版は1976年に発売。

リメイク版が1987年に発売されている。

ゲームギア版は1991年に発売された。

1987年のアーケード版は稼働筐体を使った体感ゲームであり、キャッチコピーは「K.O.パンチだ全身体感!」。

オリジナル版は視点がサイドビューのゲームだったが、1987年のリメイク版ではボクサーの後ろにカメラを置いたサードパーソン視点に変更されている。

ゲームはどちらもモーションコントローラーを使用しており、ボクシンググローブを模したコントローラーで画面の向こうの相手に実際にパンチを叩き込む。

1976年版の筐体は現存していないと考えられている。

1987年のリメイク版では、自キャラのボクサーの背後からの視点に変更された。

またプレーヤーは、両手に1つずつ、計2つのパンチコントローラーを使用することになり、1人プレイ専用になった。

1ラウンドあたり3分間の試合で各対戦相手を倒すことになる。

プレーヤーは、自キャラのボクサーを左右に動かすために筐体を回転させることができる。

1987年版はアメリカの各ゲーム雑誌で高評価を受けたが、筐体の可動部分が筐体の寿命に負担をかけるかもしれない点が心配された。

記事の引用元はここをクリック

ヘビーウェイトチャンプ(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【ヘビーウェイトチャンプ(最新無料動画はここをクリック)】