サイコニクス・オスカー(アーケードゲーム◆データイースト)

【稼働開始日】 1987年
【発売元】 データイースト
【開発元】 データイースト
【ジャンル】 アクションシューティングゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”データイースト” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

1987年にデータイーストからリリースされたアーケードゲーム。

ジャンルとしてはアクションシューティングにあたる。

『精神兵器(サイコメカ)OSCAR』と呼ばれる人型兵器を操作し、全8面を攻略していく。

本作はレバーと3ボタン(ショット・ジャンプ・パワーアップ)を使用する。

本作はそれなりに難しいがパターンゲームに近く、癖の少ない操作性と相まって、しっかりと戦術・パターンを組み立てれば楽に攻略可能という絶妙な難易度で、ゲーム性はかなり作り込まれている。

ゲームシステムは早い話が『ロボット版グラディウス』。

同作と全く同じパワーアップシステムのため、『グラディウス』経験者ならすんなり入れるだろう。

主人公である精神兵器「オスカー」は、数あるロボット物の主役メカの中でもかなり細身な方だが、それに反して鈍重なため、操作に癖があるので慣れるまでが大変だったりする。

しかし動作自体は非常に重量感に溢れており、小走りで移動する姿と、その度に流れるSEと相まってロボット特有の「重さ」を演出しており、ゲーム性の向上にも一役買ってくれている。

敵サイドも全体的に動きは重く、ゲーム全体で重量感を感じることが可能。

ステージのシチュエーションも遺跡や砂漠、ジャングルに洞窟と豊富で、思わず先のステージに進みたくなるような作りになっているのも好感が持てる。

当時のこの手のアクションゲームで話題に挙がりやすい要素だが、ゲーム中に1度ミスると装備が剥奪され、途端に難易度が上昇してしまう。

当時として見ても粗いグラフィックに目が行きがちだが、良好なゲームバランスや独特のキャラクター性から隠れた名作と評されている一作。

デコゲーとしては珍しく「変なゲームじゃない」なのが裏目に出て、インパクトと知名度で遅れを取ってしまった感はある。

記事の引用元はここをクリック

サイコニクス・オスカー(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【サイコニクス・オスカー(最新無料動画はここをクリック)】