ヘビーバレル(アーケードゲーム◆データイースト)

【稼働開始日】 1987年
【発売元】 データイースト
【開発元】 データイースト
【ジャンル】 アクションシューティングゲーム

YouTube responded with an error: Daily Limit Exceeded. The quota will be reset at midnight Pacific Time (PT). You may monitor your quota usage and adjust limits in the API Console: https://console.developers.google.com/apis/api/youtube.googleapis.com/quotas?project=912536520209

レトロアーケード〈データイーストクラシックコレクション〉[dreamGEAR]《05月予約》

レトロアーケード〈データイーストクラシックコレクション〉[dreamGEAR]《05月予約》
12,939 円 (税込)
※画像は実際の商品とは異なる場合があります。販売数量制限お一人様 3 ヶまで。(同一住所、あみあみ本店支店合わせての制限数です)発売日20年05月中旬ブランドdreamGEARコピーライト(C) Data East,(C) &#7..

▲【ゆうメール2個まで200円】FC ファミコンソフト データイースト ロボコップアクションゲーム ファミリーコンピュータカセット 動作確..

▲【ゆうメール2個まで200円】FC ファミコンソフト データイースト ロボコップアクションゲーム ファミリーコンピュータカセット 動作確..
2,576 円 (税込)
   その他のゲームソフトを50音順で検索!                    ■□■□ギフト注意書きページはこちら□■□■ 商 品 紹 介 商品名 ロボコップ 商品概要 - ジャンル アクション 対応機種 ファミリーコンピュータ 商品状態 中古 箱・説..

16ビットコレクション データイースト Vol.2

16ビットコレクション データイースト Vol.2
3,278 円 (税込) 送料込
JNNEX その他16ビットコレクション データイースト ファイターズヒストリー 溝口危機一髪 戦え原始人2 ルーキーの冒険 スーパーバーディラッシュ 発売日:2017年09月30日 予約締切日:2017年09月28日 JNーSFC003 JAN:4589652440083 ゲーム その他
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

概要 (説明はWikipediaより)

データイーストがSNKより『怒』のライセンスを取得し製作した、『怒』の公式改造のようなゲーム。

全7面。

2人同時プレイが可能。

「ショット」と「手榴弾」という基本ゲームシステムや全体的な展開などはやはり『怒』や『バトルフィールド』などに準じているが、赤兵が落とす「鍵」を消費して武器箱を開けてパワーアップアイテムを得るという変わったシステムが追加された。

各地の武器箱に隠されたパーツを6つ集めると、ザコだろうがボスだろうが一撃で倒す巨大弾を連射可能な3mはある巨大な銃「超絶的最終・最強兵器 ヘビーバレル」(正式名称)が1分近く撃ち放題になる。

この極端すぎる一定時間のカタルシスは1987年当時までのゲームでは前代未聞ともいえる豪快な要素であり、当時のアーケードゲーマーに絶大なインパクトを残した武器であったともいえる。

この作品より後々…格闘ゲームの「超必殺技」や、例えば怒首領蜂大往生の「ハイパー」など、凄まじい一発逆転の要素が存在するアクションゲームやシューティングゲームなどが数々発売されるが、本作がその先駆者であったと言ってもよい。

自由な発想・自由な味付けが持ち味だったデコには先見の明があったのではないだろうか。

アーケードのデコゲーといえば、『ウルフファング』や『ファイターズヒストリー』といった外国語によるボイス演出をウリにしているが、本作は何と全編デコ社員による日本語ボイスというACのデコゲーにしては珍しい構成。

しかも、各種ボイスもゲーム開始時の「ごー!」、アイテムを取得すると「よぉし!」、自機がやられると「うわぁ!」、ヘビーバレルのパーツを取得する度に「ワン」「ツー」、そしてヘビーバレル完成後の「へウ゛ィィィィィバレェル!!」と妙に味がある。

このため本作の主人公はある意味では溝口誠の先祖とも言えるだろう。

『怒』や『バトルフィールド』同様爽快感はかなりのものなのだが、本作「も」ゲームバランス上の重大な欠陥が目立つ内容であった。

本作はタイムオーバーになると、伝統の「赤手榴弾」が画面下外からひっきりなしに多量に飛んでくるため事実上ミス確定となる基本システムが存在している。

…のだが、実際はミスして復活しても一度赤手榴弾モードになるとステージクリアしない限り永遠に赤手榴弾モードが解除されず事実上「タイムオーバーになるとゲームオーバー確定」になる。

おそらく設定ミスと思われる。

それだけならまだ「厳しい仕様」で済むが、なんとその肝心の制限時間が短すぎる上残り時間が不可視。

「怒」の様に警戒しながら進めば、容赦ない強制ゲームオーバーの洗礼が待っている。

あまりにも厳しすぎる。

『怒』と差別化されたゲームシステムや妙に愛着のある社員ボイスについては良いものの、シビアな制限時間や厄介な敵の存在から人気を得ることなくマイナーゲーに沈んでいった一作。

記事の引用元はここをクリック

ヘビーバレル(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【ヘビーバレル(最新無料動画はここをクリック)】