ビジランテ(アーケードゲーム◆アイレム)

【稼働開始日】 1988年2月
【発売元】 アイレム
【開発元】 アイレム
【ジャンル】 アクションゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”アイレム” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

1988年にアイレムからリリースされた横スクロールアクションゲーム。

同社の有名作『スパルタンX』の後継作(ストーリーなどの繋がりはない)であり、非常にシステムが似通っており、プレイ感覚が近いものとなっている。

抱きつき雑魚、棒で殴打する雑魚(あちらの一階ボスに相当)、銃を撃つ雑魚(あちらのナイフ投げに相当)など、性能に共通した敵が多い。

但し、あちらに登場した子供や蛇などの小型敵は存在せず、原則として主人公と等身が近い敵のみで構成されている。

さらわれたヒロイン「MADONNA」を救う為、主人公がニューヨークの裏通りでバトルを繰り広げるというストーリー設定。

ヒロインがさらわれて単独で主人公が敵地に乗り込むという展開も『スパルタンX』譲りである。

一人~二人交互プレイ可能、全5ステージ構成。

レバー左右で主人公の移動、下でしゃがみ、上でジャンプ、斜め上で斜めジャンプ。

パンチ、キックはレバーの組み合わせによって攻撃が変化する場合がある。

途中道に落ちている武器「ヌンチャク」があり、それに近づいてレバー下で拾う事が可能。

ヌンチャク入手後はパンチボタンがリーチの長いヌンチャク攻撃となり、敵を倒しやすくなる。

また、敵の銃弾をヌンチャクで跳ね返す事も可能。

ステージクリア条件は、一応は道を進んだ奥に待ち構えるボスを倒す事なのだが、厳密にはボス撃破の後に先のゴール地点まで進む必要がある。

初回プレイにて、ボスを倒したのにステージクリアにならずバグを疑うプレイヤーもいるかもしれないが、それはれっきとした仕様である。

基本操作やゲームのルール自体は『スパルタンX』と同様なので、前作から入ったプレイヤーはすんなりとゲームに溶け込める事が出来る。

前作はステージ毎の仕掛けこそ多かったものの、代り映えのしない背景が続いていたが、続編である本作はスラム街、橋、工事現場と様々な場所を転々とする形になり、各種ステージ背景も店やビルの看板など良く書き込まれている。

当時のアーケード作の中では、特にこれといったセールスポイントもなかった為なのか、『スパルタンX』程の人気は得られなかった。

最もアイレム製のゲーム全般が人を選ぶ事が多いのも要因の一つかもしれないが…。

ゲーム自体はボリューム不足でステージの変化がやや乏しかったり、ボスが無駄にしぶとい部分はあれど、それなりに作られた一作であり、完成度は決して低くはない。

記事の引用元はここをクリック

ビジランテ(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【ビジランテ(最新無料動画はここをクリック)】