アクトフェンサー(アーケードゲーム◆データイースト)

【稼働開始日】 1989年
【発売元】 データイースト
【開発元】 データイースト
【ジャンル】 アクションシューティングゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”データイースト” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

1989年にデータイーストからリリースされたアーケードゲーム。

ジャンルとしてはアクションシューティングにあたる。

『進化型電脳兵器(Cybernetic Hyper Weapon)』と呼ばれる自機を操作し、全5面を攻略していく。

ステージや敵キャラなどは、得体の知れないグロテスクな物がひしめいている。

本作はレバーとショット・ジャンプの2ボタン。

アイテムを取る事により進化できる。

進化に比例して見た目が颯爽としたものとなり、攻撃も派手になる自機。

初期形態ではワラビーかのような縮こまった姿が、進化と共に人型となり、身体も大きく堂々としたものとなる。

最終形態はアニメ「聖戦士ダンバイン」を思い起こさせる風貌。

攻撃も範囲が広がり、派手になっていく。

溢れる弾で敵の殲滅してく様子は、なかなかの爽快感がある。

アイテムによる進化というパワーアップシステムを装備した本作。

見た目が変わり、攻撃力が増し、敵を蹴散らしていく姿は恍惚感すらある。

一方でシステムはかなり癖があり、ミスが起こりやすい要素多数。

特に時間制限制の進化は、追い立てられているようなプレイをさせられる。

チグハグさを感じるゲームだ。

自機のフォルムは結構スタイリッシュなのだが、かなりの難易度でプレイヤーを選んでしまう作品とも言える。

記事の引用元はここをクリック

アクトフェンサー(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【アクトフェンサー(最新無料動画はここをクリック)】