アウトゾーン(アーケードゲーム◆テクモ)

【稼働開始日】 1990年3月
【発売元】 テクモ
【開発元】 東亜プラン
【ジャンル】 シューティングゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”東亜プラン” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

1990年に東亜プランが製作した業務用縦スクロールシューティングゲーム。

これまで同社の開発タイトルは『究極タイガー』『TATSUJIN』『大旋風』などタイトー販売が多かったが、本作や『ヴィマナ』はテクモ(現:コーエーテクモゲームス)が販売元となっている。

プレイヤーは危機に面した地球国連からの救援要請を受けて派遣された宇宙仕事人のサイボーグ戦士となり、地球侵略を企むオワギラ星人の殲滅を目指す。

ごく一般的なパワーアップタイプのシューティングゲームであり、操作方法も1レバー2ボタン式というシンプルなもの。

攻撃手段はメインショットと緊急回避用のボムの2種類。

パワーアップアイテムで自機を強化しながら進み、各ステージ最後にいるボスを倒せば面クリア。

全7面で構成され、以降はエンドレスプレイとなる。

2人同時プレイ可能。

シューティングゲームではあるが一部のシーンを除き、任意スクロール方式を採っており、『戦場の狼II』に近い仕上がりとなっている。

また自機が地面を歩行するタイプのものであるため、敵機・敵弾との接触や後述するエネルギー切れ以外にもプレイヤーアウトの要素があり、足場から落下したり、シャッターに挟まれても1ミスとなる。

プレイヤーであるサイボーグ戦士には「エネルギー」という概念があり、ステージ道中はもちろんボス敵と対峙中であっても、時間経過と共に減少していき、燃料が残り僅かになると自機の速度が極端に遅くなり、0になると「燃料切れ」となりプレイヤーを1人失う。

使用できるメイン武器として「3WAY」「マルチショット」があり「C」アイテムを取る毎に2つの武器が換装される。

この他ランダムで登場する「スペシャルパワーアップアイテム」の中に「スーパーボール」「スーパーバーナー」2つの特殊武器があり、これら4種の武器を状況によって使い分けていく必要がある。

が実際はスーパーボールだけでクリア可能。

東亜プランらしからぬお手頃難度。敵弾は速いが、数そのものはさほど多くないので十分見切ることができる。

後半面ではボムが大量に出現するのでゴリ押しで進める。

これらの要素に加えスーパーボールが強力すぎるので、中級者程度の実力があれば鍛錬次第で1コインクリアすることも可能。

随所に東亜ゲーの隠れキャラが登場し、知っているファンなら「ニヤリ」とするフューチャーがある。

『ゼロウィング』『鮫!鮫!鮫!』『ヘルファイヤー』のように人を選ぶSTGを作ったかと思えば、本作や『大旋風』といったマイルドテイストなSTGを出したりと、難度が安定しなかった時期の東亜プランの作品である。

万人受けの難度からそれなりに人気を博した作品であり、本作と前後する時期にリリースされた業務用の東亜作品の多くは何がしかの家庭用ゲームに移植されていたが、このゲームに関しては移植予定といった計画すら聞かれないままに終わった。

その後東亜プランは業務用ゲームに於いて、急激な難易度インフレを起こし、結果としてユーザー離れを誘発、衰退の一途を辿る。

記事の引用元はここをクリック

アウトゾーン(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【アウトゾーン(最新無料動画はここをクリック)】