コットン(アーケードゲーム◆セガ)

【稼働開始日】 1991年3月
【発売元】 セガ
【開発元】 サクセス
【ジャンル】 シューティングゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”セガ アーケード” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

ホウキに乗った魔法少女コットンを操作し、ステージを突破していく横スクロールSTG。

現在では「萌え系STGの先駆者的作品」と言われているが、見た目と違って硬派な難易度とステージの合間に挟まれるコミカルなデモシーンで人気を獲得した一作である。

1レバー2ボタン操作。

Aでショット、Bで投下型の対地ボム。

Aを長押しすると魔法アイテムを消費して使用出来るチャージショット(魔法)が撃てる。

更にAとBを同時に長押しすると別の魔法が使える。

妖精がオプションとして付き、『グラディウス』のオプションのようにコットンの後をトレースしながら攻撃する。

Bボタンを長押ししてから離すと敵に突進攻撃をしてくれる。

耐久力のある敵なら張り付いてダメージを与え続ける。

妖精が石になった妖精石をショットで破壊すると付いてきてくれる。

妖精は最大で6体まで装備可能。

敵を倒したり、敵が落とす黄色いクリスタルを取ると画面下のEXPゲージが溜まり、ゲージ最大まで溜まるとショットが強化されていく。

最大12段階まで強化される。

ステージをクリアするとボーナスである「TEA TIME」が始まる。

上から降って来る湯飲みの取得数に応じてボーナススコアを得られる。

ストーリーも基本的にギャグ調でコミカル。

エンディングのオチも笑わせてくれる。

キャラクターのグラフィックや演出はレベルが高い。

デモシーンでは主にデフォルメされており、いきいきとアニメーションする。

これも面白さに貢献している。

一方、タイトル画面やステージクリア時などはリアル状態で、特にステージクリア時のシルクはとてもセクシーに描かれている。

パターン構築すれば問題なくクリア可能なレベルで、その場復活やアイテムが出やすく魔法も撃ち放題など、難易度高めながらゲームバランスは練られている。

コミカルなデモシーンが非常に印象に残りやすく、横STGとしても歯ごたえのある難易度で、多くのファンを獲得した作品である。

記事の引用元はここをクリック

コットン(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【コットン(最新無料動画はここをクリック)】