D.D.クルー(アーケードゲーム◆セガ)

【稼働開始日】 1991年
【発売元】 セガ
【開発元】 セガ
【ジャンル】 アクションゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”セガ アーケード” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

セガAM1研及びAM3研が開発した、ベルトスクロールアクションゲーム。

全7面構成。

ストーリーとしては、LAPDの刑事F.Fの元にギャング軍団から遊園地で爆弾テロ予告の電話が入り、直後に予告通り爆発が発生。

F.Fは中国拳法使いのガン・ホー、軍人のキング、黒人ボクサーのバスターを引き連れてギャング軍団に立ち向かう、というもの。

8方向レバー+2ボタン(攻撃、ジャンプ)で操作。

方向レバーを左右どちらかに2度入れするとダッシュとなり、ダッシュ中に2ボタンを同時押しするとダッシュ攻撃となる。

ダウンしている敵に重なって攻撃ボタンを押すと敵を持ち上げる事が出来、もう1度攻撃ボタンを押すと投げる事が出来る。

本作のキャラクターデザインは斜め上に定評のあるセガによる製作なのか、プレイヤーキャラクターの時点で異様に濃い。

特にダッシュ攻撃で「アチョー」と無駄に甲高い声を上げながら肘打ちを繰り出すガン・ホーは実に印象的。

敵サイドのキャラクターもやはり濃く、ボスキャラクターに至っては対戦前に実写取り込みっぽいアップ画面が登場する。

プレイヤーキャラとボスキャラに限ってはドット絵のクオリティが高く、アクション時も意外と滑らかに動いてくれる。

筐体設定によっては3人同時プレイや4人同時プレイが可能。

所々濃い成分が印象に残るが、ゲームとしての爽快感がまるで無い作品。

出回り、インカムとも振るわなかったので早々にゲームセンターから消えていった。

記事の引用元はここをクリック

D.D.クルー(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【D.D.クルー(最新無料動画はここをクリック)】