2020年スーパーベースボール(アーケードゲーム◆SNK)

【稼働開始日】 1991年9月20日
【発売元】 SNK
【開発元】 SNK
【ジャンル】 野球ゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”2020年スーパーベースボール” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

SNKが1991年に稼動を開始したネオジオの野球ゲーム。

基本的には野球ゲームであるが、近未来の「CYBER EGG STADIUM」を舞台としており、ホームランゾーンやファウルゾーンが通常とは異なる、回が進むにしたがって外野にクラッカーが設置されるなど、普通の野球とは異なる部分が多々ある。

基本的には、2種類のリーグ、各リーグ6球団の中からプレイヤーの球団を選び、リーグ優勝を目指す野球ゲームである。

但し、近未来を舞台としており、普通の野球とは異なる部分がある。

通常の選手のほかに野球ロボが登場する。

スタメン投手が野球ロボの球団、選手が全員野球ロボの球団もある。

デッドボールによる負傷退場の際は、控選手一覧にはいない野球ロボに交代となるが、これは最低限の性能しか持っていない。

野球ロボは燃料が切れて交代となることがある。

試合中のプレーの結果に応じて所持金が変動し、その所持金によって選手の強化(「攻撃」「守備」「投手」別の強化アーマーの装着、強化の度合いによって3段階)ができる。

また、強化された野球ロボへの選手交代(こちらも強化の度合いによって3段階)も可能。

強化された選手はアーマーが度合いに応じた色に点滅し、ロボの場合は同様に色が変化する(点滅はしない)。

記事の引用元はここをクリック

2020年スーパーベースボール(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【2020年スーパーベースボール(最新無料動画はここをクリック)】