『イヴェルカーナ』(モンスターハンターワールド アイスボーン)の動画を楽しもう!

【名前】 イヴェルカーナ
【種族】 古龍種
【別名】 冰龍
【弱点属性】 火(◎)、水(△)、雷(〇)、氷(×)、龍(〇)
【破壊できる部位】 頭、翼、尻尾
【出現エリア】 渡りの凍て地

[csshop service=”rakuten” keyword=”イヴェルカーナ” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

新大陸にて現地調査が行われる中、新たに目撃された万物を凍てつかせる古龍。

その特徴は、ギルドに古い伝承のみ確認されている幻の古龍「イヴェルカーナ」と合致している。

過酷な寒冷地の奥地に棲息することから、長い歴史を通じてもその目撃例は僅か数例に留まり、その報告もハンターではなく、寒冷地の秘境を訪れた冒険家や登山家がもたらしたものであった。

圧倒的な力を有するがゆえに、基本的に他者の存在を意に介すことはないが、明確な敵意を持って相対した者には美しくも苛烈な攻撃を以って応える。

全身を白を基調とした甲殻に包まれており、体色の一部は濃い青色に染まっている。

代表的な古龍であるクシャルダオラと同じく、発達した四肢に加えて背部に翼を有している。

巨大な氷の結晶を思わせる翼は極めて強靭で、力強く翔くだけで烈風と吹雪を巻き起こす。

頭部には後方に向けて複数の棘が生え揃い、まるで冠のようにも見える。

人におけるうなじに相当する部分には、頭頂部に向けて逆立った大きな突起が存在している。

後方に伸びる尻尾は細いが、鞭のようにしなやかであると同時に先端が鋭い槍でもあり、イヴェルカーナはこの細い尻尾を巧みに扱い、槍の如く突き立てるようにして外敵を攻撃する。

舞うような動きから流れるように繰り出される刺突はある種の気品さえ感じさせるが、分厚い氷壁さえ穿つ氷槍を纏った尾に貫かれれば、命の保証はない。

イヴェルカーナの鱗の間には後述する液体を排出する孔があり、これによって頭部・胸部・四肢・翼などを中心に、氷柱のように氷を形成する様子が見られる。

特に鼻先を覆うように形成される氷は前方に向けて大きく、鋭い構造に形成されることから、まるで剣のような角が瞬時に生えてきたようにも見える。

翼もまた広く氷が形成され、本来の大きさよりもさらに巨大な翼へ変貌する。

伝承の通り極めて強大な冷気を操る能力を持つが、イヴェルカーナはその能力の触媒として「過冷却水」を用いる。

過冷却水とは「凝固点以下でありながら液体の状態を保っている液体」であり、振動や衝撃を与えることで瞬時に固体へ変化する性質を持つ。

イヴェルカーナはこれを自在に操ることで、周囲の物体を次々と凍て付かせてしまう。

氷の息吹として放つ放射状のブレスは凄絶な威力を持ち、小型の生物は無論、大型モンスターであろうと数瞬のうちに凍り付かせ、物言わぬ氷像へと変える。

直接対象に浴びせずとも、地面に吹き付けて氷を形成することである時は広範囲を一挙に攻撃する矛として、ある時は外敵の動きを阻む盾として扱う。

時には上空に向けて放ち、空中で霧化の後に反応させて空から降る氷柱を降らせたり、あえて弱い勢いで前方の地面に放ち範囲内の生物の体温を奪って動きを鈍らせるといった搦め手も繰り出す。

攻撃に伴って発生した氷は砕け散ることなく残存し続けるため、冰龍が戦闘を行なった地には巨大な氷塊や凍て付いた結晶などが痕跡として残される。

特に寒冷地において不自然な形で氷漬けとなった生物が目撃された場合、それは不運にもイヴェルカーナと遭遇してしまった犠牲者のものと見て間違いない。

最大限に能力を解放した場合、絶叫と共に猛烈な冷気を解き放つ。

この状態のイヴェルカーナの周囲は大気が蒼く染まるほどの極低温となり、領域全体にダイヤモンドダストが舞い散り、中空から巨大な氷柱が次々と発生し始める。

イヴェルカーナ自身の攻撃も更に苛烈なものとなり、更に大規模化したブレスによって大地を覆い尽くさんばかりの勢いで巨大な氷塊を連続発生させ、周辺諸共対象を殲滅する。

澄んだ蒼い空気、吹き荒れる氷結晶、天地から生じる氷柱と氷塊が織り成す景色は目を奪われるほどに美しいが、同時に全てを凍て付かせる熾烈な脅威でもある。

その圧倒的な力から、他の強大な大型古龍種と同様に、出現するだけで地域一帯の生態系に多大な影響を与える。

詳しい生態については未だ謎が多く、調査が待たれる。

記事の引用元はここをクリック

イヴェルカーナ(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【イヴェルカーナ(最新無料動画はここをクリック)】