『ジュラトドス』(モンスターハンターワールド アイスボーン)の動画を楽しもう!

【名前】 ジュラトドス
【種族】 魚竜種
【別名】 泥魚竜
【歴戦個体】 危険度Ⅰ(HR13以上)
【弱点属性】 火(△)、水(×)、雷(◎)、氷(△)、龍(△)
【破壊できる部位】 頭、胴、脚、尻尾
【出現エリア】 大蟻塚の荒地

[csshop service=”rakuten” keyword=”ジュラトドス” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

新大陸の東部に広がる「大蟻塚の荒地」の広大な沼地に生息する大型の魚竜種。

現在確認されている魚竜種モンスターの中では特に古い形質を残しているとされる。

くすんだ茶色の鱗に覆われた身体の上から大量の泥を纏う習性を持っており、泥が削げ落ちてしまった場合は積極的に泥浴びを行う。

その泥と密接に関わった生態から《泥魚竜》とも呼ばれる。

沼地帯に適応した進化を遂げており、全身をくねらせながら泥濘の中を悠々と泳ぐ。

基本的には泥沼に漬かった状態で行動するが、時折脚を用いて二足歩行を行うこともある。

縄張り意識が非常に強く、侵入者に対しては容赦なく攻撃を仕掛ける。

魚竜種の中では比較的視力に優れているようで、時折泥の中から半身を持ち上げて周囲を見渡す様子を見せる。

肉食性であり、縄張りに接近したアプケロスなどを積極的に襲う。

獲物を発見すると突進するような猛スピードで泥の中を泳ぎ、勢いに任せて飛び掛かり、そのまま喰らい付いて泥沼へ引きずり込んでしまう。

外敵との戦闘時も泥沼を利用した戦法を取り、泥沼からの頭突きや、沼から飛び出すようにして奇襲を仕掛ける姿が確認されている。

水の抵抗や泥の粘度によって動きを制限されやすい泥沼の中で無策でジュラトドスを相手取るのは至難の業である。

大型竜のような巨大な外敵に対しては巻き付くようにして攻撃することもある。

時には泥塊のブレスを放ち、遠距離の相手にもこれで対応する。

ちなみに本種の吐く泥塊は質量や粘性の高さから、直撃すれば手痛いダメージになるが、狙いを外して着弾したものはしばらくそのまま形を残し、獲物の足を絡め捕る罠のようになる。

雨季の中でも特に降水量の多い時期に繁殖期を迎える。

この時期には多数のジュラトドスが群がるように一箇所の沼地に出没し、一斉に産卵と放精を行う光景が見られる事があるという。

これにより繁殖地には多数の受精卵が残されるが、幼体は極めて小さく非力であるため、ほとんどの個体は成体になる前に命を落としてしまう。

なお、ジュラトドスは幼体の時点で肉食性であるが、生後間もない幼体が獲物を直接狩る事は難しい。

そのため、その小さな身体を利用して獲物の口や鼻孔、傷口などから体内に侵入し、内側から肉を食い潰すように摂食するという独特な生態を有する。

ちなみに他の幼体や受精卵を喰らって生き残ろうとする場合もあり、その生存競争は苛烈である。

縄張り意識の強さと同じく泥沼を生活環境の主軸とする点から土砂竜ボルボロスとは競合する関係にあり、縄張りを争って激しく衝突し合う姿が度々目撃されている。

沼地での機動力はジュラトドスに軍配が上がり、そのスピードや足元からの奇襲によってボルボロスを翻弄する。

一方、純粋なパワーや完全な陸上での戦いにおいてはボルボロスの方が優位で、巻き付いてきたジュラトドスをボルボロスが力尽くで振りほどき、地面に叩きつける様子が確認されている。

両者のどちらかが命を落とすまで戦う事は稀であるが、互いが多少傷つく程度までは戦い続け、結局は痛み分けに近い形で終わる事は多々ある模様。

一部のハンターは、狩猟においてジュラトドスとボルボロスの縄張り意識の高さを利用し、わざと両者を鉢合わせて激突させ、体力を消耗させるという作戦もあると語る。

長い年月を泥の中で過ごすため、ジュラトドスから得られる素材は基本的に泥まみれであるが、アステラの工房ではその泥を洗い流したりはせず、むしろ泥ごと加工を施して武具を作成している。

手間はかかるものの、それにより独特で野性的な外観と抜群の強度、そして猛々しいまでの攻撃力の全てを兼ね備えた優秀な武具の作製が可能となっており、その仕上がりは一見の価値有りと評される。

記事の引用元はここをクリック

ジュラトドス(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【ジュラトドス(最新無料動画はここをクリック)】