『ディノバルド』(モンスターハンターワールド アイスボーン)の動画を楽しもう!

【名前】 ディノバルド
【種族】 獣竜種
【別名】 斬竜
【弱点属性】 火(×)、水(◎)、雷(△)、氷(〇)、龍(〇)
【破壊できる部位】 頭、前脚、背中、尻尾
【出現エリア】 大蟻塚の荒地 、古代樹の森

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

再販 カプコン 斬竜 ディノバルド 復刻版 フィギュアビルダー クリエイターズモデル 【7月予約】

再販 カプコン 斬竜 ディノバルド 復刻版 フィギュアビルダー クリエイターズモデル 【7月予約】
10,580 円 (税込)
発売予定日2020年7月予定メーカーカプコン登場作品モンスターハンター:アイスボーン商品詳細「斬竜」の呼び名の由来となった大剣を思わせる巨大な尾はもちろん、燃え上がる炎のような背中の甲殻や、 好戦的な気性をうかがわせる獰猛な顔の造形などを忠実に立体化しました!..

【ディノバルド】 モンスターハンター15th メインモンスターアイコンステンドマスコットコレクション

【ディノバルド】 モンスターハンター15th メインモンスターアイコンステンドマスコットコレクション
1,580 円 (税込)
(c)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED. 宅配便や、お手軽なメール便など様々な配送方法をご用意しております。カプコン

モンスターハンター デフォルメぬいぐるみ ディノバルド[カプコン]《発売済・在庫品》

モンスターハンター デフォルメぬいぐるみ ディノバルド[カプコン]《発売済・在庫品》
2,200 円 (税込)
※画像は実際の商品とは異なる場合があります。販売数量制限お一人様 3 ヶまで。(同一住所、あみあみ本店支店合わせての制限数です)発売日19年12月中旬ブランドカプコン原作名『モンスターハンター』シリーズキャラクター名&#12487;&#12451;&#12494;&#12496;&#12523;&#1248..
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

概要 (説明はWikipediaより)

熱帯気候の密林や砂漠、火山帯などの高温地域に生息する獣竜種の大型モンスター。

濃赤色の鱗と外殻に身を包み、背部に逆巻く炎を想わせる独特な形状の蒼い突起を携える。

最大の特徴は全長の半分近くを占めるほどに長大な尻尾であり、その身体的特徴と後述の攻撃方法から、ハンターズギルドでは《斬竜》とも呼称する。

性格は至って獰猛。

一度狙いを定めた獲物は決して逃さず執拗に追跡し、他種の大型モンスターと鉢合わせても全く動じず、積極的に闘いを挑む。

好戦的な性質は外敵への威嚇にも表れており、威嚇の際は地面に尻尾を打ち下ろし、金属音を思わせる独特な咆哮と共に、見せつけるように爆炎を巻き上げつつ尻尾を振り上げる。

その運動能力は特筆に値し、重厚な外見からは想像もつかないほど俊敏。

素早いステップと踏み込みによって獲物を翻弄しながら、時にはハンターの身の丈を超えるほどの跳躍と共に攻撃を繰り出す。

これらは独自の進化を遂げて強靭に発達した巨大な後脚および骨盤の賜物であり、脚の爪は体重を支える事に特化した蹄のような頑丈な構造となっており、骨盤は尻尾の扱いと身体のバランスの安定化を図るため、幅の広い特殊な構造を持つ。

一方、その爪の形状から対象を切り裂いたり掴んだりするには不向きであり、抵抗する獲物は体重などを利用して無理やり抑え込んで捕食する傾向が強い。

長距離を移動する際には地下を潜行する事もあるが、よほど移動に困るような高低差の激しい場所などでない限りは滅多に行わない。

最たる特徴と言える巨大な尻尾は、ディノバルドにとっては最大の武器でもある。

重厚な刃物のような形状に発達しており、尚且つその甲殻には鉄分を豊富に含んでいるため、その強度と質量、そして威容から「大剣」に例えられる。

実際、獲物や外敵との戦闘においては非常に強力な武器となり、撫でるように軽く振るうだけでも周囲の草木を容易く薙ぎ払う切れ味を誇り、体重を乗せて振り下ろせば地面を叩き割り、岩盤を派手に隆起させるほどの攻撃力を発揮する。

また、尻尾を盾のように使ってハンターの得物の一撃や銃撃を受け止める姿も確認されている。

尻尾に含まれる鉄分は発火性が強く、地面などに擦り付けることで摩擦熱を蓄積させる事が可能。

十分に熱を帯びると尻尾全体が一時的に赤熱化し、一撃の威力がさらに増強される。

更には地面と擦り付ける事で遠距離にまで届く爆炎を巻き起こすなど、攻撃のパターンもより多彩になる。

この状態のディノバルドの尻尾は「灼熱の刃」とも形容され、ディノバルドの実力が完全に反映される危険な状態として多くのハンターから恐れられている。

赤熱化した尻尾での攻撃は非常に強烈だが、多用すると尻尾に煤などが付着していき、徐々に切れ味が鈍って本来の殺傷力を発揮できなくなっていく。

ディノバルド自身もその特性を理解しており、隙を見つけては自らの尻尾に喰らい付き、自分の牙を用いて尻尾を研ぎ澄ませることで切れ味の回復を図る。

この際には牙と尾の摩擦によって激しい火花が撒き散らされるが、眼下のせり出した甲殻が火花が眼に入ることを防ぐ。

この行為は戦闘中でなくても習慣的に行われているらしく、フィールドの散策中に刃物を研ぐような不自然な音が聞こえてきたなら、近辺にディノバルドが居る可能性が考えられる。

ちなみに、尾は必ずしも牙のみを用いて研いでいるわけではなく、平常時は地面や岩壁に表出した石などを利用して尾を研磨する姿が報告されている。

中でも耐熱性と耐久性に優れるマカライト鉱石を研磨剤として気に入るディノバルドが多いようで、多くの個体の平常時の尻尾が蒼く見えるのは、マカライト鉱石を用いて研ぐうちにその色が付着していくためらしい。

尻尾を研いだ事でこそぎ落とした煤や甲殻の破片などは、そのまま呑み込まれて「火炎嚢」と呼ばれる内臓器官に蓄えられる。

火炎嚢は強力な熱エネルギーを産み出す器官であり、ここで再度加熱された甲殻などは溶融し、やがて煮え滾るマグマのような物体に変化する。

そしてこのマグマをブレスとして発射する事で距離を置こうとする外敵に対しても攻撃を仕掛ける。

ディノバルドのブレスは一見すると火球のようだが、実際は前述の通りマグマのような半固体であり、地面などに着弾すると火柱を上げながらその場に滞留し、やがては大爆発を巻き起こすという危険な性質を持つ。

さらに走りながらブレスを放ったり、連発して複数の相手を纏めて焼き払う事も可能で、その威力や性質から一部では「劫火の砲弾」とも称される。

見た目にもわかりやすい尻尾やブレスによる豪快な攻撃が注目されがちだが、尻尾を研ぐ行動を取る度に同時に牙も研ぎ澄まされているため、単純な噛み付き攻撃なども恐ろしいほどの殺傷力を誇っている。

また、前述のマグマを喉元まで押し上げる、あるいは尻尾を研いで燃焼材を直接口に取り込む事で、噛み付きなどの一部の攻撃を強化するという戦法を取る場合もある。

因みに臨戦態勢のディノバルドの喉元に薄らと紅い光が灯っている場合があるが、これはマグマが喉元まで上がってきている状態であるサインであり、この時に開いた口内を覗くと、その奥で赤々と輝きながら燃え盛る炎が見える。

本種が炎熱を利用して攻撃性を更に強化するのは前述の通りだが、実はその炎熱の影響によって攻勢に出るほど守りが弱くなるという弱点も抱えている。

例えば尻尾の甲殻は、本来は外敵からの攻撃を受け止める事もできるほどの強度を持つが、一般的な鉄が熱されると柔らかくなるのと同様に、赤熱化した状態では平常時と比較すると強度を大きく損なってしまう。

この状態の尾は最も恐ろしい武器であると同時に脆弱な弱点部位ともなっており 、一部のハンターからは赤熱化した尻尾を切断する事に成功したという報告も挙げられている。

平常時に本種の尾を切り落としたという報告が未だ入っていないことを鑑みるに、切断の機会は赤熱化により強度が失われているタイミングに限られると思われる。

また、本種が口内にマグマを溜めている状態で頭部に攻撃を加えた場合、その衝撃によってマグマが体内で爆発する場合があるという報告が入っている。

流石のディノバルドも不意に体内で発生した爆発の衝撃には耐え切れないらしく、口から爆炎と黒煙を漏らしながら転倒し、しばらく悶絶する様子が確認されている。

これらの状況や性質を利用できれば攻勢に歯止めをかけることも不可能ではないが、しかし熟練のハンターをも一瞬のうちに沈めるほどの攻撃力を誇る本種に対して各部位を的確に狙い、思い通りの成果を上げられるハンターは限られるだろう。

記事の引用元はここをクリック

ディノバルド(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【ディノバルド(最新無料動画はここをクリック)】