『ジンオウガ』(モンスターハンターワールド アイスボーン)の動画を楽しもう!

【名前】 ジンオウガ
【種族】 牙竜種
【別名】 雷狼竜
【弱点属性】 火(△)、水(〇)、雷(×)、氷(◎)、龍(△)
【破壊できる部位】 頭、前脚、背中、尻尾
【出現エリア】 導きの地

YouTube responded with an error: Daily Limit Exceeded. The quota will be reset at midnight Pacific Time (PT). You may monitor your quota usage and adjust limits in the API Console: https://console.developers.google.com/apis/api/youtube.googleapis.com/quotas?project=912536520209

モンスターハンター 浮世絵トートバッグ ジンオウガ×木曽瀧

モンスターハンター 浮世絵トートバッグ ジンオウガ×木曽瀧
2,640 円 (税込)
発売元:カプコンサイズ:約H320×W370×D120mm素材:綿パッケージ:PP袋+JANシール※商品画像はイメージです。実際の商品とは若干異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。「モンスターハンター」の世界が浮世絵と融合! 巨大なモンスターが闊歩する「モンスター..

【クーポン対象アイテム】CAPCOM(カプコン) モンスターハンター ジンオウガ FUNKO/ファンコ POP! VINYL ミニフィギュア

【クーポン対象アイテム】CAPCOM(カプコン) モンスターハンター ジンオウガ FUNKO/ファンコ POP! VINYL ミニフィギュア
1,900 円 (税込)
ギフト対応 ・ラッピングをご希望の場合は、ご注文時のその他ご要望欄に「ラッピング希望」とご記入ください。 ・複数商品の個別ラッピングをご希望の場合は上限2品までとなります。 詳細なご指示をその他ご要望欄にご記入ください。 ご指示がない場合は全ておまとめしての..

Monster_Hunter_フェイスマスク MH Monster Hunter モンハン カプコン capcom ゲーム メンズ ミリタリー カジュアル アウトドア リオレ..

Monster_Hunter_フェイスマスク MH Monster Hunter モンハン カプコン capcom ゲーム メンズ ミリタリー カジュアル アウトドア リオレ..
4,290 円 (税込)
素材:本体/ポリエステル100% メーカー希望小売価格はメーカーサイトに基づいて掲載しています カプコンから2004年に発売されたハンティングアクションゲーム「モンスターハンター」、通称「モンハン」や「MH」。その「モンスターハンター」の世界観を活かしたデザインのミ..
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

概要 (説明はWikipediaより)

主に自然豊かな山岳地帯の奥地に生息する牙竜種の大型モンスター。

胴体部を覆う青い鱗と、頭部や背面、腕部などに立ち並ぶ黄色の甲殻、そして腹部や首回りなどを中心に生え揃った白色の体毛が特徴。

甲殻は「蓄電殻」、体毛は「帯電毛」と呼ばれ、戦闘の際にはこれらを利用して発生させた電気エネルギーを全身に纏う。

その様子と生態から「雷狼竜」とも呼ばれる。

険しい山間部での移動を可能とするため、強靭に発達した四肢を持つ。

特に前脚は著しく強靭な筋肉を備え、尋常ではない膂力を持っている。

爪も極めて鋭利な形状をしており、獲物や外敵を一撃で仕留めるほどの強力な武器となる。

体躯は大柄だが、身を翻しながら大きく後方へ飛び退いたり、ゆっくりとした動きから突然攻撃してきたり、突進してきたかと思えば続けざまに別の攻撃を繰り出してきたりと、見た目以上にその動きは俊敏且つ軽快。

発達した長太い尻尾には無数の甲殻が立ち並ぶように備えてあり、巨体の均衡を保つだけでなく、戦闘時には武器としても積極的に用いられる。

口から覗く鋭い牙からも想像できる通り肉食性で、主にアプトノスやケルビなどを狩って捕食している。

特にガーグァを好物としており、これらに対してはより積極的に襲い掛かる。

身体の各部を覆う蓄電殻は静電気を発生する特異な脂質を備えており、生みだした電気を帯電毛に蓄え、更に増幅している。

しかし、ジンオウガ単体で攻撃に利用できるほどの電力を生み出すことは困難であり、放電による攻撃も基本的には行わない。

その代わりに自分の作り出した電力を、周囲を飛び交う雷光虫に分け与え、雷光虫を活性化させる能力を持つ(この活性化した雷光虫を「超電雷光虫」と呼ぶ)。

そしてその活性化した雷光虫の電力を利用する事で、自らの発電力の限界を超えた膨大な電気エネルギーを身に宿す事ができる。

電力が最大限に達すると放電能力を高める為に、天に向かって咆哮し、それを合図とするように角や蓄電殻が上向きに展開され、全身から電光を迸らせる。

この姿になったジンオウガを「超帯電状態」と呼ぶ。

蓄電殻の脂質が電力を放電する為、背鰭のような甲殻が青白く光っており、超帯電状態のジンオウガが誇る電力はあの海竜ラギアクルスと同等とされ、落雷にも匹敵するかという凄まじい放電能力を発揮する姿も確認されている。

なお、本来の限界以上の電気エネルギーを常に身に纏い続けている状態ではあるが、青い鱗が絶縁性に長けているため、自分自身がその電力で感電してしまうことは無い。

超帯電状態となったジンオウガは甲殻が展開されるため、単純な守りは平常時より弱くなってしまっている。

しかし、電気刺激により筋肉が変化し、攻撃力や俊敏性が飛躍的に上昇しており、疲れを見せる事無く矢継ぎ早に攻撃を仕掛けてくる。

前述した鉤爪も超帯電状態時には普段毛に隠れている2本の鉤爪が土台へ展開、より攻撃的な形態へと姿を変え、総じて見ると通常時よりも戦闘能力が高い。

また、超帯電状態でも身の危険を感じる強敵に出会うと、辺りに力強い咆哮を轟かせると同時に蓄電殻や帯電毛から蒼白い電光を発し、より激しい攻撃を繰り出す。

一度ジンオウガに集められた雷光虫が、自らジンオウガの元から離れていく事はまず無い。

ジンオウガは雷光虫にとっての天敵であるガーグァを好物としているため、雷光虫はジンオウガに取り付いているだけで身の安全性が高まるからである。

一方、ジンオウガは一定量以上の雷光虫が存在する限り、超帯電状態を維持する事ができる。

つまりジンオウガにはジンオウガにとっての、雷光虫には雷光虫にとってのメリットがあるため、両者は相利共生の関係に当たる。

なお、前述した通り、雷光虫が自らジンオウガから離れていく事はまず無いが、攻撃のショックなどで追い立てたり、虫あみなどを用いてジンオウガから直接奪い取るなどしてジンオウガから雷光虫を引き剥がす手段も存在する。

このような要因によって一定量以上の雷光虫がジンオウガから離れてしまうと、超帯電状態を維持する事ができなくなり、甲殻が閉じると同時に通常状態に戻ってしまう。

また、当然ながらジンオウガが健在であるからこそ雷光虫にもメリットが発生しているものであり、ジンオウガが絶命すれば、雷光虫も一斉に飛散してその場から姿を眩ませてしまう。

超帯電状態での戦闘能力は言わずもがな、平常時の運動能力もかなりのもので、一時期は討伐に乗り出したハンターたちを悉く粉砕し、「人間の敵うモンスターではない」とまで言われ、「無双の狩人」の二つ名を付けられた。

「森の王」とも称されるジンオウガは自然界においても相当な強者として認識されており、ジンオウガが森の中を歩けば、その進路上の小型及び中型のモンスターは一目散に逃げ去る。

戦闘中においても相手を見定めるかのように睨みながら間合いを測ったりと、他のモンスターにはあまり見られない、まるで王者のような威風堂々たる立ち振る舞いを見せることから、「風格ある大型モンスター」と評されることもあり、平和な村などではその力強い外見に惹かれる子供たちも多いという。

後述の事件が起こるまでは、非常に珍しいモンスターであるとされ、ギルドの公式な記録にも僅かに名前が残っている程度、それも「肉食性らしい」「強力な放電能力を持っている」「奇妙な球状の光を無数にまとっている」といった不明瞭な情報しかなかった。

ユクモ地方にある渓流の奥地では村人による目撃証言も存在していたようだが、その生態となると殆ど知られておらず、当のユクモ村にも「その昔、とあるハンターが彼に挑んだ」という話が残るのみであったという。

かくも謎多きモンスターであった理由は、ジンオウガの生息地にある。

群れで子育てを行う習性を持つが故に、人里離れた渓流の奥深くにしかその姿を見せないジンオウガは、本来人目に触れる事が滅多にないモンスターであり、そのため生態研究が行われてこなかったのである。

因みに幼体は成体と比較すると帯電毛の割合が多く、白く輝いているという。

これは未発達の蓄電殻を保護するためだと考えられている。

しかし、渓流の奥地にある霊峰付近にある古龍が接近したことで、状況は一変した。

霊峰を縄張りとする一部の個体が古龍によって住処を追われ、麓の渓流に降りてきた挙句そのまま住み着いてしまったのである。

これが原因となって渓流近辺ではジンオウガの目撃情報が続出、さらに渓流の近隣にあるユクモ村の林業に甚大な被害を及ぼし始めたことで遂にギルドは正確な生態を把握、ユクモ村の村長はジンオウガ討伐を期して専属ハンターを雇う運びとなった。

因みにこの時期の前後より、ユクモ地方以外での目撃情報も報告されるようになっており、原生林や孤島、氷海などに移住してきたと思わしい個体の目撃情報が挙がっているほか、天空山、遺群嶺など霊峰に近似した環境に生息している個体の存在も確認されている。

記事の引用元はここをクリック

ジンオウガ(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【ジンオウガ(最新無料動画はここをクリック)】