『山城』(艦隊これくしょん)の動画を楽しもう!

 

No.027 山城(やましろ) 扶桑型 2番艦 戦艦 声優:藤田咲
艦船ステータス(初期値/最大値)
耐久 火力 装甲 雷装 回避 対空 搭載
67 74 / 94 59 / 79 0 19 / 39 23 / 79 12
対潜 速力 索敵 射程 燃料 弾薬
0 低速 9 / 33 5 / 39 85 120
図鑑説明
扶桑型戦艦2番艦、山城です。
「欠陥戦艦」とか「艦隊にいる方が珍しい」とか、いいたい放題ね…。
でも、いいの。最後の時も、扶桑姉さまと一緒に戦えれば……

YouTube responded with an error: Daily Limit Exceeded. The quota will be reset at midnight Pacific Time (PT). You may monitor your quota usage and adjust limits in the API Console: https://console.developers.google.com/apis/api/youtube.googleapis.com/quotas?project=855285235278

[csshop service=”rakuten” keyword=”山城 艦隊これくしょん” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

ゲームにおいて (説明はWikipediaより)

スペックは姉の扶桑と全く変わらない。

姉も大概だが大破絵が非常にアレである。

山城はポーズの関係で特に尻を強調する結果になってしまっている。

興味があるならぜひ確認してみよう。

「不幸」が口癖。

他艦娘の項目で「不幸」という言葉が出たら、ほぼ山城と思って差し支えないレベル。

山城「砲塔爆発事故なんて起こしてませんし!」

そして姉や一部の艦娘に劣らず重度のシスコン。

「不幸」と同じくらい、各種ボイスでたびたび扶桑のことを気にしている。

西村艦隊の編成・出撃任務、2014/10/10に登場した第二戦隊の編成・出撃任務に必要となる。

さらに2014/10/24に登場した西村艦隊の再編・出撃にも必要。

この出撃任務では貴重な勲章が入手できる。

2016年年始限定で、期間限定グラフィック「新年の晴れ着mode」が公開された。

晴れ着バージョンのグラフィックは立ち絵限定で、カードイラストはそのまま。

他の限定グラフィック同様、限定期間終了後に図鑑に格納された。

扶桑型姉妹は初のゲーム中へのグラ実装で、山城提督は歓喜した。

2016/07/15のアップデートで夏の季節限定グラフィックの水着modeが実装された。

2016年10月05日のアップデートでなか卯コラボ限定グラフィックとして【買い出しmode】が実装された。

大破絵では2つ持っていたレジ袋うちの1つ(恐らく姉の物)を庇うように抱き抱えており、彼女の姉に対する愛情が窺える。

2017年7月31日のアップデートにて、富士急ハイランドでのリアルイベント「鎮守府瑞雲祭り」開催に合わせて【瑞雲mode】が実装された。

姉と一緒にお祭りならこの笑顔も当然であろう。

2018年4月にはよみうりランドで第二次瑞雲祭りが開催され、こちらの瑞雲祭りmodeも期間限定で復活した。

2017年秋の期間限定海域「捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(前篇)」終了後に図鑑に同イベント限定任務関連の特殊ボイス再生項目が追加された。

秘書艦と時間帯によって置かれる飲み物が変わる鎮守府カウンターバーにおいて、朝5時まで日本酒が置かれている。

いわゆる「朝まで呑み勢」の一人である。

2015年1月23日アップデートにて同家具が実装された段階では、深夜1時まで日本酒という設定であった。

その後、2015年2月23日アップデートでの修正より、不幸にも「朝まで呑み勢」の仲間入りとなった。

ゲーム中の台詞に酒が絡むものは見当たらない。

彼女がどのような飲み方・酔い方をするのかは、提督諸氏の想像に依るところであろう。

記事の引用元はここをクリック

小ネタ (説明はWikipediaより)

艦名の由来は旧国名「山城国」で、現在の京都府南部一帯を指す。

かつての日本の首都のある国名をつけたあたりに、帝国海軍のかけた期待がうかがえる。

元々扶桑型姉妹は、火力重視が過ぎて極端にバランスの悪い艦になってしまったと厳しい評価がされている。

しかも山城は二番艦なので、先に竣工した一番艦扶桑の酷評を元に、竣工前から欠陥戦艦呼ばわりされてしまったとか。

これには扶桑の竣工と同時期に15インチ砲搭載のクイーンエリザベス級が登場したことや第一次大戦の戦訓などで当時の日本が保有するすべての戦艦や巡洋戦艦の水平防御などが不足していると判断されたことなどが関係しているとされる。

姉に比べてやさぐれているのはそれが原因かもしれない。

いざ竣工後も、実際に動かしてみたら次々に欠陥が発覚した。

改修の繰り返しでドックの常連になった結果、艦隊で行動した時間よりドックにいた時間の方が長くなってしまった。

特に山城は大改装の際、有事になった場合に素早く艦隊復帰できるように改装が進められたため、改装期間が長くなってしまった。

「艦隊にいるほうが珍しい」というセリフは、まさにこの事を指している。

艦これでは不幸キャラとなっているが、基礎設計の無茶振りのせいとはいえ、不幸と呼ばれるようなエピソードは見当たらない。

開戦後は扶桑と共に行動していたが、ミッドウェー作戦以降は防御の危険性と低速故に、砲術学校練習艦という平時なら日露戦争時代の老朽艦がやる役目で戦争の大半を過ごした。

かつて(太平洋戦争開戦前)連合艦隊旗艦をつとめた栄光の山城が、なぜこのような任務に甘んじなければならないのか。

なぜ悪化する戦況を練習艦として傍観しなければならないのか。

乗員たちは嘆息し、学生たちを相手に鬱鬱とした日々を送っていたという。

レイテ湾出撃が決まった時には、乗員たちはやっとお役に立てると涙を流して喜んだという。

新たに別働部隊を編成し、劣速の第二戦隊を基幹に航続能力で夕雲型、陽炎型に劣る朝潮型、白露型の駆逐艦4隻、第五戦隊の指揮下に一時的に入っていた唯一の航空巡洋艦の最上を編入、これを分離行動させスリガオ海峡ルートから進撃、残りの主力はパラワン水道を通過するコースを選び2隊がレイテ湾で挟撃する事に作戦を一部修正(連合艦隊も突入は挟撃の方が望ましいとしていた事も考慮されている)、ここに後々『西村艦隊』と呼称される第一遊撃部隊第三部隊が誕生、山城が引き続き旗艦を務めることになる。

山城の眼前に現れたのは、完璧な丁字を引き射撃体勢で待ち受ける巡洋艦隊、そして、格上の40.6cm砲搭載艦を含む6隻の戦艦。

絶望的な戦力からの猛烈な十字砲火を受け、海戦は凄惨な殲滅戦となった。

被弾時の台詞「私に構わず前進を云々」は、この時の艦隊司令官西村中将の『我魚雷を受く。各艦は我に省みず前進し、敵を攻撃すべし』という、旗艦から発せられた最後の命令が元ネタである。

艦全体が火の海と化しつつも後続艦へ信号灯でこの命令を連呼、叱咤激励しつつ真一文字に突撃し続けるという、まさに阿修羅の如き姿であったという。

西村司令官はこのあと更に「われレイテ湾に向け突撃、玉砕す」と最期の電文を送るよう命令しているが、山城の通信能力が既に失われていたか、あるいは発信前に艦の生命が尽きたか、栗田艦隊には届いていない。

「世界戦史に比類なき猛突撃」「鬼神も慟哭するその最期」。

『文集戦艦山城』で山城の最期はそう讃えられ、悼まれている。

扶桑姉妹が突入したスリガオ海峡では、たとえそれが長門や大和であっても同じ悲惨な結果になったのは間違いない。

ようやく与えられた出番でそんな戦場に突き進み、文字通り死力を尽くして戦い散っていった姉妹に思いを馳せよう。

こんな彼女だが、当時の日本海軍における最枢要施設である横須賀鎮守府に最初に配備された超弩級戦艦という誉れ高い実績を持つ。

記事の引用元はここをクリック

[game-2]

山城 艦これ(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【山城 艦これ(最新無料動画はここをクリック)】