『あきつ丸改』(艦隊これくしょん)の動画を楽しもう!

 

No.166 あきつ丸 改(あきつまる) 特種船丙型 揚陸艦 声優:能登麻美子
艦船ステータス(初期値/最大値)
耐久 火力 装甲 雷装 回避 対空 搭載
40 8 / 33 — / 43 0 17 / 49 15 / 37 24
対潜 速力 索敵 射程 燃料 弾薬
0 低速 13 / 59 13 / 49 45 25
図鑑説明
自分は、陸軍の特種船丙型の「あきつ丸」であります。
強襲揚陸艦の先駆けのような自分でありますが、新兵器のオートジャイロなども運用して、対潜戦でも奮闘したいのであります。
何卒お願いするのであります。

[csshop service=”rakuten” keyword=”あきつ丸改 艦隊これくしょん” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

ゲームにおいて (説明はWikipediaより)

2013年12月24日の「大型艦建造」と共に実装。

Lv25で改造可能となる。

スロットが3つに増え、0だった艦載機数は各スロット8となった。

戦闘機搭載可能、中破時も含めて対潜攻撃可能(装備による)、夜戦で水上艦への砲撃・連撃可能(装備による)とユニークな特徴を持ってはいる。

ただしスロット・搭載機数不足で全ての特徴を同時には生かせず、水上機母艦並の本体性能故に威力が不足気味。

かと言って特化させた場合は本職に敵わない。

逆に言えば本職が編成制限で出撃できない場合の代役としての動きが色々できるとも言える。

搭載可能機は改造当初から搭載している対潜哨戒機2種のほか、艦上戦闘機を積むことができる。

艦爆や艦攻といった他種の艦上機は搭載不可。

(艦上戦闘機を積むことができるのは史実で陸軍の九七式戦闘機を運用しようとしていたからか?)

現在あきつ丸改の主な用途として上げられるのは、「空母系」以外で艦上戦闘機運用が可能な艦種である事を活かした制空値要員だろう。

2015年08月10日の艦載機熟練度実装によって、少艦載機数、多スロットへの艦戦搭載が非常に高い制空値を持つようになり、より使いやすくなったといえる。

熟練度MAXの試製烈風 後期型×2で制空値は106、試製烈風 後期型×3で159となる。

ちなみに加賀改の46スロに熟練度MAXの烈風 一一型を載せた状態で制空値106である。

他艦種である航空戦艦、航空巡洋艦、水母などにRo.44等の水上戦闘機を積むことで似たようなことが可能。

元の対空値が高い艦上戦闘機を積める点があきつ丸の有利な点。

航空戦艦、航空巡洋艦は昼砲撃や夜戦の火力を重視したい事が多いため、昼砲撃や夜戦には期待できないあきつ丸に制空値要員を任せる方が効率が良くなることが多い。

必要な制空値さえ確保できるのであれば試製烈風 後期型より多少対空値が劣っても回避の上がるBf109T改、零式艦戦21型(熟練)、紫電改二に置き換えてもいいだろう。

水母のように航空戦の後で砲撃戦に参加可能、ただし砲撃の威力は雀の涙。

15年秋イベント突入!海上輸送作戦から実装された、第三の連合艦隊「輸送護衛部隊」は編成部隊に非常に大きな制約がかかっており、基本的に空母系は編成すら行う事ができない。

しかし、空母ではないが故にあきつ丸はこの制約の対象外であるため、本艦を利用すれば輸送護衛部隊でもかなりの制空値を稼ぐことが可能である。

あきつ丸固有の特性を活かさなければクリアできないMAPは今のところないので、自身の艦隊編成の状況に合わせた適切な使用が必要な艦娘と言えるだろう。

使用の際はおまじない代わりにまるゆ等を僚艦にして1-1キラ付けをするのもいい。

記事の引用元はここをクリック

小ネタ (説明はWikipediaより)

史実にて護衛空母に改造されたあきつ丸がモデル。

甲板後部のクレーン撤去や飛行甲板の拡張、着艦のための諸装置が設置されるなどの改造が行われた。

手に持っているのは恐らく走馬灯。

走馬灯とは、影絵が回転しながら写るように細工された灯籠の一種。

また死に際に一生の記憶の光景を回想する現象を「走馬灯」と表現することもある。

むしろ現在ではこちらの意味の方が使われるような。

彼女の走馬灯は、よく見ると灯篭の側面とスクリーン代わりの巻物に艦載機の形の影絵が確認できる。

ランドセル背嚢に接続されている甲板の描かれた巻物に艦載機の影絵を写し、それを実体化させて艦載機攻撃を行っているのではないかと思われる。

大発は艤装内で影を実体化、三式指揮連絡機はスクリーンに映した影絵で実体化している。

左手にカ号の絵らしきシートを持っている為、カ号も走馬灯で実体化している可能性が高い。

巻物に書かれているのは梵字。

側面に書かれているのは、上から空・風・火・水・地を意味する文字(読みは「キャ/カ/ラ/バ/ア」)で、梵字の五行である。

卒塔婆の最上部に書かれる文字でもある。

また宮本武蔵の「五輪の書」の“五輪”はこの五つが由来。

絵師本人のツイートも参照のこと。

全体的にこの軽空母たちにスタイルが近いと言える。

ゲーム内では前から見た絵しか出ないが、絵師の作画意図としては、甲板裏には実艦の線画+「鉄像鬼召喚装置」と書かれているという。

「鉄像鬼」はガーゴイルの当て字として創作した言葉とのこと。

なんと、まさかのプラモデル化である。

陸軍特種船のウォーターラインモデル化など、誰が予想したであろうか。

記事の引用元はここをクリック

[game-2]

あきつ丸改 艦これ(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【あきつ丸改 艦これ(最新無料動画はここをクリック)】