『ビスマルクdrei』(艦隊これくしょん)の動画を楽しもう!

 

No.178 Bismarck drei(ビスマルク) Bismarck級 1番艦 戦艦 声優:遠藤綾
艦船ステータス(初期値/最大値)
耐久 火力 装甲 雷装 回避 対空 搭載
96 74 / 99 — / 95 16 / 36 40 / 74 35 / 70 16
対潜 速力 索敵 射程 燃料 弾薬
0 高速 22 / 59 22 / 84 110 155
図鑑説明
ドイツの誇るビスマルク級超弩級戦艦のネームシップ、それが私よ。
ドイツらしい重厚かつ美しいデザインでしょう?
いいのよ、もっと褒めても。
この海でも縦横無尽に活躍するわ。
期待しなさい!

[csshop service=”rakuten” keyword=”ビスマルクdrei 艦隊これくしょん” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

ゲームにおいて (説明はWikipediaより)

2014/9/26の更新で遂に実装された独艦の新たな改造段階。

Lv75で改造可能。

dreiはドイツ語で3を意味し読み方は「ドライ」。

人によってはzwei=2=Bismarck改二と呼ぶ人もいるため、drei=3=Bismarck改三と呼ぶ人もいる。

純粋な改造回数はちとちよの5段階には届かないが、同一艦種(戦艦)のまま3段階改造を獲得した艦娘はこのBismarck dreiが初めてである。

桜吹雪こそないが、改造紋章が赤色(Sホロは青)なのでレアリティは最上級の桜ホロ。

これで5隻目となる。

ここに至るまでの改造で、合わせて2枚の改装設計図を必要とする初の艦娘となった。

2015/6/12現在、勲章は一ヶ月に最大6個なので、勲章数0から二ヶ月目には(単純に考えれば)改造を完了できる。

改造すると海外艦らしく珍しい装備を多数持ってくる。

特に新装備の主砲38cm連装砲改は高速戦艦にフィットするだけではなく、高い命中補正も併せ持つ。

試製35.6cm三連装砲に比肩する性能を持つため彼女自身はもとより艦隊の主力装備としても活躍するだろう。

zweiでも持参した3.7cm FlaK M42は貴重な火力・命中補正のある機銃となる。

支援艦隊の砲撃火力を補強増設スロットで上昇させることができる希有な装備となる。

Ar196改は珍しいドイツ水偵で零式水上偵察機の上位互換。

とはいえ開発可能な零式水上観測機に比べ、命中は同値であるものの弾着観測射撃に重要な索敵で譲る形になる。

改装前でも扶桑と同等だった執務室での存在感が、dreiとなってさらに増した。

運はzweiからdreiの運初期値/最大値が2上昇した。

一方耐久値は据え置き、ケッコンしても99で三桁に到達しないのは改造前と同じ。

戦艦としては初となる雷装値が実装。

夜戦火力に加算されるほか雷撃戦にも参加する。

なおГангутとは異なり魚雷が装備可能である。

雷装値は一般的な雷撃戦参加艦種である駆逐や軽巡/重巡等に比べると低く、装備込みのまるゆ改程度であるが、引き換えに中破率は低く雷撃戦参加率が圧倒的に高い。

雷装値により必然的に夜戦火力も上昇することになった。

火力のMAXが99、雷装はMAX36なので基礎は135、持参する38cm連装砲改×2で169となり、連撃装備の島風改に匹敵する。

魚雷を装備できる点で無視できないのは魚雷装備の時は、主砲を1個でも搭載すると、カットインになることである。

欠点は燃費の悪さ。

特に弾薬消費は長門型改並に増え、大和型を除く戦艦で最大の大食らいになっている。

15年春イベで実装されたイタリア戦艦姉妹に高速戦艦大食らい王の座を奪われた。

弾薬消費が増えたのはおそらく魚雷搭載のせいか。

さらにIowa改がそのイタリア戦艦姉妹ですら霞むほどの高速戦艦大食らい王に君臨したため、むしろ火力や防御の高い高速戦艦の中では比較的低燃費という立ち位置に変化しつつある。

記事の引用元はここをクリック

小ネタ (説明はWikipediaより)

「ツイッターアイコン用に絵師が個人的に書き始めたもの」がそのまま採用されたデザインである。

フミカネ氏の「落書き」が正式採用化されたケースは前例があり、今回も同様のケースではないかと推測されている。

装備の元ネタは姉妹艦ティルピッツの1943年夏改装であると推測され、「ビスマルクが生き残り、妹同様の改装を受けていたら」というコンセプトが窺える。

細かい時期は不明だが、43年夏の作戦行動後に通商破壊戦のために魚雷発射管を増設されている。

今後、ティルピッツやシャルンホルスト姉妹らが登場時は、彼の国の戦艦は、雷撃可能が当たり前になるのであろうか。

ちなみに日本の金剛型戦艦から長門型戦艦までの戦艦にも就役時には魚雷発射管が搭載されていた。

ただし実戦で使用したと言う記録はなく、それ以前に大規模改修の際に撤去されたものが大半のようである。

腕章部分の鉄十字紋章が消えているが、デザインの元ネタと思われる艦首の鉤十字塗装は本来zwei時点の塗装で塗り潰されている。

dreiでは腕章部分のデザイン自体が変更されているが、おそらく艤装の再塗装に伴う物と思われる。

記事の引用元はここをクリック

[game-2]

ビスマルクdrei 艦これ(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【ビスマルクdrei 艦これ(最新無料動画はここをクリック)】