『グレカーレ』(艦隊これくしょん)の動画を楽しもう!

 

No.414 Grecale(グレカーレ) Maestrale級 2番艦 駆逐艦 声優:森山由梨佳
艦船ステータス(初期値/最大値)
耐久 火力 装甲 雷装 回避 対空 搭載
15 9 / 26 7 / 18 22 / 57 47 / 84 10 / 40 0
対潜 速力 索敵 射程 燃料 弾薬
30 / 60 高速 7 / 20 14 / 90 15 20
図鑑説明
イタリア海軍マエストラーレ級駆逐艦の次女、グレカーレよ。
なーに、あんまりジロジロみないでよ。
姉妹たちとの第10駆逐隊で結構頑張ったのよ。
みんな、逝ってしまったけれど、あたしは戦い抜けた。
そして、戦いの後も海の護りについたの。
主武装を撤去した司令艦として。覚えておいて。

YouTube responded with an error: Daily Limit Exceeded. The quota will be reset at midnight Pacific Time (PT). You may monitor your quota usage and adjust limits in the API Console: https://console.developers.google.com/apis/api/youtube.googleapis.com/quotas?project=912536520209

ゲームにおいて (説明はWikipediaより)

2019年8月31日、イベント「欧州方面反撃作戦 発動!「シングル作戦」」で実装。

先に実装されていたMaestrale、Libeccioの姉妹艦。

一人称は「あたし」で、提督の呼び方は「テートク」。

いわゆる小悪魔ギャル的な性格。

挑発に応じないと怒るかまってちゃん的な面も。

一方で同級唯一の生存艦であったことから、どこか落ち着いた様子も見せる。

中破時の脱ぎっぷりや挑発的な表情は、姉にも負けないヤバさ。

スカートの個艦識別表記は「GR」。

2019年10月31日、ハロウィンに合わせてか突如としてハロウィンmodeが実装された。

それに伴い、ハロウィン限定ボイスも少し変更されている。

自身の性格を反映してか小悪魔のような恰好をしている。

足元にはジャック・オ・ランタンを被せた魚雷発射管もある。

また、リベと同様に主砲用方位盤型の帽子に白い布を被せてお化けに仕立て上げている。

なお、こっちは顔が描かれており、とんがり帽子も身に着けている。

中破時の脱ぎっぷりや挑発的な表情は相変わらずである。

2020年2月7日、バレンタインmodeが実装された。

上着に書かれているBaciamiバーシャミの意味は「キスして」。

記事の引用元はここをクリック

小ネタ (説明はWikipediaより)

イタリア海軍のマエストラーレ級駆逐艦の2番艦で、同級で唯一の生存艦。

イタリア海軍には参戦当時59隻の駆逐艦が居たが、その中で大戦終結まで生き残ったのは8隻で、本艦はその内の1隻。

これら8隻の内5隻は彼女より後に竣工した艦なので、生存艦としては古参の部類に入る。

艦名は北東から吹く風という意味で、「ギリシャの強風」の意。

グレカーレはマエストラーレ級駆逐艦の2番艦として1934年11月に竣工した。

姉妹艦と第10駆逐戦隊を編成し、第二次世界大戦が始まった際はシチリア島で活動していた。

カラブリア沖海戦、マタパン岬沖海戦等主力部隊が出撃した際の護衛艦艇として加わっている他、北アフリカとイタリアを往復する船団の護衛任務や英艦隊の行動を阻害するための機雷施設にも従事している。

1940年8月に英海軍駆逐艦ホスタイルがボン岬にて触雷して沈没しているが、この機雷はグレカーレら第10駆逐戦隊が施設したものと考えられている。

しかし日に日に連合国軍が優勢となるなかでは、小型な駆逐艦部隊が奮戦してもこれを覆す事は不可能だった。

そして日増しに劣勢となる中での1941年11月9日に次妹のリベッチオが英潜水艦アップホルダーの雷撃により撃沈され、1942年3月23日には第2次シルテ湾海戦を終えて帰投中に嵐に遭遇し、末妹シロッコを失っている。

1943年には長姉のマエストラーレも蝕雷損傷して戦線離脱を余儀なくされ、グレカーレも英海軍のチャリオット人間魚雷により爆弾を設置され撃沈されそうになるが、運よく爆発前に発見し排除に成功し事なきを得ている。

しかし同月には、水雷艇「アルデンテ」と衝突する事故を起こし、アルデンテを沈没させてしまっている。

結局第10駆逐戦隊はグレカーレ1隻のまま9月のイタリア降伏を迎える。

被雷したマエストラーレは廃棄処分となり、9月9日に自沈処分となる。

その後グレカーレはイタリア共同交戦海軍に加わり、哨戒や船団護衛に従事することになる。

終戦後もイタリア海軍に在籍し、主砲や対空砲の強化や新型レーダーの装備など近代化改装を行っている。

1954年にはトリエステ自由区のイタリア併合の際には軽巡アブルッツィと共にトリエステ港に進駐し、住民から熱烈な歓迎を受けている。

1964年に退役し解体されている。

記事の引用元はここをクリック

[game-2]

グレカーレ 艦これ(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【グレカーレ 艦これ(最新無料動画はここをクリック)】