P-47 ACES(アーケードゲーム◆ジャレコ)

【稼働開始日】 1995年
【発売元】 ジャレコ
【開発元】 NMK
【ジャンル】 シューティングゲーム

[game-jyou]

↓の動画をクリックで動画を楽しめます♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

▲【ゆうメール2個まで200円】FC ファミコンソフト ジャレコ じゃじゃ丸忍法帳アクションゲーム ファミリーコンピュータカセット 動作確..

▲【ゆうメール2個まで200円】FC ファミコンソフト ジャレコ じゃじゃ丸忍法帳アクションゲーム ファミリーコンピュータカセット 動作確..
1,074 円 (税込)
   その他のゲームソフトを50音順で検索!    &nbsp; &nbsp; &nbsp;   &nbsp; &nbsp; &nbsp; &nbsp; ■□■□ギフト注意書きページはこちら□■□■ 商 品 紹 介 商品名 じゃじゃ丸忍法帳 商品概要 - ジャンル アクション 対応機種 ファミリーコンピュータ 商品状態 中古 ..

▲【ゆうメール2個まで200円】FC ファミコンソフト ジャレコ ミシシッピー殺人事件アドベンチャーゲーム ファミリーコンピュータカセッ..

▲【ゆうメール2個まで200円】FC ファミコンソフト ジャレコ ミシシッピー殺人事件アドベンチャーゲーム ファミリーコンピュータカセッ..
1,306 円 (税込)
   その他のゲームソフトを50音順で検索!    &nbsp; &nbsp; &nbsp;   &nbsp; &nbsp; &nbsp; &nbsp; ■□■□ギフト注意書きページはこちら□■□■ 商 品 紹 介 商品名 ミシシッピー殺人事件 商品概要 - ジャンル アドベンチャー 対応機種 ファミリーコンピュータ 商品状..
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

概要 (説明は『Wikipedia』より)

割と平凡な横スクロールシューティングだった『P-47』の続編。

1レバー2ボタン式。

対地対空を同時発射するショットと全画面ボム、と同社が前年にリリースした『オペレーションラグナロク』に近い方式に。

全8ステージ構成。

前作はループ制だったが、本作は1周エンド。

前作と異なり、敵・地形と接触してもミスにならず弾かれるだけで済む。

なお、弾かれた瞬間は無敵状態になる。

タイトルの「P-47」は、第二次世界大戦時にアメリカ陸軍が主力として用いていた実在の戦闘機「リパブリックP-47サンダーボルト」に由来。

前作の自機はサンダーボルト固定だったが、本作ではサンダーボルト、ブラックウィドウ、ソードフィッシュ、スピットファイアの全4種類から自機を選択可能。

ドット絵で丁寧に豊かな色彩を表現した美しいオブジェクトと背景ステージ。

発射時に開閉するハッチや自機を追って回転する砲台などの「動き」のディティール。

ダメージの蓄積で外装が剥がれ内装が剥き出しになる直感的に視覚に訴えるダメージ表現。

並木学、秀谷和則を始めとするNMKサウンド陣による名曲の数々。

さまざまな爆発音が掻き鳴らすシンフォニーはまさに戦場のオーケストラ。

高速弾の飛び交う緊張感あふれるゲームプレイ。

短いながらも起伏に富んだ濃厚なステージ展開。

作戦指示で戦局を伝える簡潔なストーリーテリングによる息をつかせぬ進行。

前作の渋いストイックな作風から一転して、時代の流れを汲んだカラフルで派手なビジュアルになっており、前作を知るプレイヤーが見ると「果たしてこれがあのP-47の続編なのか?」と戸惑うかもしれない。

前作にはなかった各自機のパイロットが設定されているが、アニメ調の絵柄のためやはり戸惑う人は戸惑うだろう。

ちなみに女の子、姐さん、爺さん、兄貴とより取り見取りで、前作から続投の「サンダーボルト」(P-47)は可愛らしい女の子である。

ステージクリア時にはパイロットの一枚絵が表示される…のだが機体紹介デモのものを使い回してる上にアニメーションしたりセリフを喋ったりといった事はないため、場合によってはかなりシュールな絵面になる。

シューティング屈指の高難度で知られる本作だが、これはCAVEと彩京の2周目のように高度化するシューターを想定して緻密に調整・設計された難易度とは異質なものである。

主な原因は「敵弾の見にくさ」にある。

敵を撃破するとパーツが四散し、爆音と共に消滅するのだが、基本的な敵弾が爆発と殆ど同じカラーリングをしている。

撃破のみならず、パーツ破壊・着弾でも同様の爆発が発生。敵の耐久が高ければ高いほど敵弾は見え難くなる。

一部機体の対地攻撃で発生する爆発もこれと同様の色使い。

しかも最大までパワーアップしていると、爆発は最大で画面半分に広がる「対空にも使える対地攻撃」なので、更に見難くなる。

文字通り炎の壁が地形を高速で滑走していく「スピットファイア」の最強状態のナパームは必見。

弾丸は高速で点滅し、眩暈を誘うとともに速度感覚を狂わせる。

この「見にくい弾」を、爆煙と破片のなかで見続けなければならない。

そして敵弾が見にくい状況の中で殺意バリバリの弾速・弾量がこちらに襲い掛かる。

90年代以後、シューティングは敵弾が「多くて遅い」弾幕系と、敵弾が「少なくて速い」速球系に分かれていったが、本作は敵弾が「多くて速い」豪速球弾幕地獄である。

シューティングにおいて「敵弾が見難い」と言うのはよく上げられる問題点だが、本作はそれの特に悪い例。演出による爽快感を求めすぎたあまり、目視による回避が非常に困難になっている。

そしてグラフィックやサウンドは良く、稼ぎ要素も豊富なのだが如何せんベースとなる難易度が高すぎる。

一応クリアできないわけではないらしいので、シューティングを極めた者がたどり着く修羅の国……と言った代物。

……という意見もあるが、シューティング=ワンコインクリアというシューター的な視点から「高難度」のみが過度に取り上げられたケースともいえる。

やればやるほどに見えてくるグラフィックの細やかな作りこみの数々や、多くを語らずに世界観を表現する抑えめの演出は、かの名作『バトルガレッガ』さえ彷彿とさせる。

家庭用にも移植されず、再評価される機会ももうないはずだが、もしクソゲーというならば、P-47 ACESは人間様の手抜きによって図らずも生まれてしまった荒れ狂うプログラムの猛威を感じさせる、古き良きクソゲーだといえるだろう。

記事の引用元はここをクリック

同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite

P-47 ACES(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【P-47 ACES(最新無料動画はここをクリック)】

★アニメキャラクター別の人気ランキング♪

色々なゲームの人気ランキングはここをクリック♪

『スーパーロボット大戦』の動画ページへ♪

ウマ娘の『うまぴょい伝説』の動画ページへ♪