ストライダー飛竜2(アーケードゲーム◆カプコン)

【稼働開始日】 1999年12月
【発売元】 カプコン
【開発元】 カプコン
【ジャンル】 アクションゲーム

[game-jyou]

↓の動画をクリックで動画を楽しめます♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

ストライダー飛竜 MD 【メガドライブ】[cb]

ストライダー飛竜 MD 【メガドライブ】[cb]
8,875 円 (税込)
商品名ストライダー飛竜 MD 【メガドライブ】[cb]JAN4974365540371品番u2mall-b0001488k4重量商品仕様 商品説明 外ビニールカバー皺少しあり(当店画像参照) ※ご注文タイミングやご注文内容によっては、購入履歴からのご注文キャンセル、修正を受け付けることができない場..

【中古】メガドライブソフト ストライダー飛竜

【中古】メガドライブソフト ストライダー飛竜
2,990 円 (税込)
発売日 1990/09/29 メーカー セガ 型番 G-4037 JAN 4974365540371 関連商品はこちらから ストライダー飛竜  セガ 
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

概要 (説明は『Wikipedia』より)

同社の名作アクション『ストライダー飛竜』の続編。

本作は『MARVEL VS. CAPCOM』での飛竜の人気に応えてカプコンが制作した作品。

本作では前作のオプションが使えないが、代わりにサイファーのアクションが非常に豊富になっている。

例えばシューティングのボムに当たるホーミングショットが非常に強力な「ブースト」が追加されたり、コマンドを入力することにより乱れ斬りを使用することが可能。

また本作では新たにダッシュが使用可能となっているので疾走感も増している。

前作ではデモ画面の言語がバラバラだったが、本作では(前作のPCE版同様)言語が日本語に統一されている。

本作は基板の仕様上フルポリゴンだが、プレイ感覚は2Dとなっている。

また前作のキャラと同名の人物も数多く登場している。

ステージセレクト機能搭載。

本作は3つの面から好きな順番でゲームを進行させることが出来る。

この機能は、前作の企画段階にあった物だが、続編で日の目を浴びる事になった。

全体のセリフや飛竜の雰囲気などは、『MARVEL VS. CAPCOM』登場時の好評だった時のものを踏襲。

主人公「飛竜」のキャラゲーとしての評価は非常に高い。

PS2『NAMCOxCAPCOM』に出演したのは『2』の面々。

『MARVEL VS. CAPCOM』から本作を経て『NAMCOxCAPCOM』に出演、『MARVEL VS. CAPCOM 3』でも活躍する「2の飛竜」の知名度は、いまや「1の飛竜」を上回るほど。

本作では飛竜の「プロフェッショナルとしての一面」を最も強調して描いており、飛竜はともすれば冷酷ともとれるほどのプロ根性を見せる。

逆にそれがエンディングでの物悲しさも強調している。

それらはPS版で追加されたセリフにも表れており、短いながらも敵対者に対するあらん限りの敵意が滲み出ている。

スピード感満載の新アクション追加。

ダッシュや二段ジャンプが追加され、飛竜の機動力が格段に向上している。

特にダッシュの恩恵は大きく、通常時は常時歩いていただけの『1』と比べると上記の様に疾走感が増している。

ブーストも高性能なだけでなく演出面でも非常に派手で見栄えが良好。

暗く渋めに描かれた世界観。

主人公・飛竜の徹底したダークヒーローぶり、ダッシュの疾走感やダッシュからの二段ジャンプで遥かな距離を飛び越える場面、小型飛行機を飛び移る前作からの名場面では自分が乗っている小型機を攻撃して撃墜し、それが爆発して足場が無くなる前に次の小型機に飛び移るという超人的シチュエーション、重力の向きが変わる最終ステージなど、見るべき部分は多い。

それらに加えて飛竜のキャラクター人気や相当に向上した操作性のおかげで、前作より本作の方が好きと語るプレイヤーも少なくはない。

ダッシュや二段ジャンプ、乱れ斬りなどの新アクションの格好良さの割に、通常歩行や通常ジャンプなどが若干スピード感に欠ける。

場面に応じて静と動を使い分ける形になり、ダッシュというアクションは無くても常に進み続ける『1』とは印象が違う。

もっとも、上記の様に総合的なスピード感という点では本作の方が優っており、静と動の使い分けがそれをより強く感じさせている。

キャラが全体的に小さくグラフィックの迫力に欠ける。

ただ、画面を広く使っているため、キャラが小さくなる事はやむを得なくもあり、逆に巨大ボスとの対比によって敵の大きさや威圧感の表現にも買っている、特に最終ボスの巨大さと、それに伴う飛竜の小ささの対比は圧巻そのもの。

ただし、プレイし易さの面から言えばプレイしづらいのはやはり否めないところ。

同社の名作ACTの約10年越しの続編として期待されたが、「あの飛竜の続編としては……」と見られる部分が多い。

前作にないスピード感や新技の数々でスタイリッシュなアクションゲームとしてはそこそこ楽しめるが、やはり残念な点が多い。

●ストーリー

忍者を前身とする特殊機関・ストライダーズ。
そのストライダーズの特A級エージェントである飛竜のもとに、ひとつの指令が下りた。
衛星軌道上の「第三の月の都(ザ・サードムーン)」に君臨し、この世界の全てを支配する冥王・グランドマスターを暗殺せよというのだ。
その指令が下された直後、飛竜と同じ特A級ストライダー・飛燕の造反により、ストライダーズは壊滅した。
しかしそれを意にも介さず、ただ与えられた任務を遂行すべく愛用の光剣サイファーを手に、飛竜は世界を駆ける。

記事の引用元はここをクリック

ストライダー飛竜2(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【ストライダー飛竜2(最新無料動画はここをクリック)】

東方Projectに関係する動画♪