KOWLOON’S GATE クーロンズ・ゲート-九龍風水傳-(プレイステーション・PS1)の動画を楽しもう♪

【発売日】 1997年2月28日
【発売元】 ソニー・ミュージックエンタテインメント
【開発元】 ソニー・ミュージックエンタテインメント
【ジャンル】 アドベンチャーゲーム

↓の動画をクリックで動画を楽しめます♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

【中古】【表紙説明書なし】[PS]クーロンズ・ゲート -九龍風水傳-(19970228)

【中古】【表紙説明書なし】[PS]クーロンズ・ゲート -九龍風水傳-(19970228)
791 円 (税込)
【必ずご確認ください】・こちらはパッケージや説明書などが「傷んでいる」もしくは「ない」商品です。(付属品はございます。)・ディスク/カード/カセットには使用に支障のない程度の傷がある場合がございますが、プレイ自体に支障は御座いません。・DLコードやシリアル番号..

【中古】 九龍風水傳原聲音樂專輯~クーロンズ・ゲート オリジナルサウンドコレクション~/(ゲーム・ミュージック)

【中古】 九龍風水傳原聲音樂專輯~クーロンズ・ゲート オリジナルサウンドコレクション~/(ゲーム・ミュージック)
5,082 円 (税込)
(ゲーム・ミュージック)販売会社/発売会社:クラリスディスク(ラッツパック・レコード(株))発売年月日:2014/06/29JAN:45714420401151997年にプレイステーション用ゲームとして発売された伝説的アドベンチャー・ゲーム『クローンズ・ゲート』のサウンド・コレクション..
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

概要 (説明は『Wikipedia』より)

1997年2月28日からソニー・ミュージックエンタテインメントに発売されたPlayStation用のアドベンチャーゲーム。

今は無き香港の九龍城砦をモチーフとした探索型のアドベンチャーゲーム。

プレイステーション初期タイトルとしてPS本体発売以前からプロモーションムービー等が公開されていたものの、延期に次ぐ延期によって発売までに実に4年以上の月日を費やした、と言う経緯を持つ。

延期によって多くの人からは忘れ去られ、手に取った人々も大半がその「ゲームとしての」不出来さに難色を示したが、この作品の強烈な魅力に取り憑かれた人々も決して少なくはなかった。

いわゆるカルト的な人気を博したといえるゲームである。

企画・監督・脚本は『キリーク・ザ・ブラッド』を手掛け、後に『真・女神転生III NOCTURNE』にも携わる木村央志。

音楽は『世にも奇妙な物語』などで知られる蓜島邦明を起用している。

本作は終始主人公の視点で描かれる一人称視点形式の探索アドベンチャーである。

陰界より現れた巨大スラム街「九龍城」を舞台に、「四神獣の見立てによる風水を起こす」という目的を果たすべく奔走する。

主人公の「超級風水師」はプレイヤーの分身的存在であり、作中で言葉を発したり姿が画面に映ることも無く、設定画も存在しない。

三人称視点のムービーでも主人公の姿は決して描写されない。

素性も説明されず、「若く優秀な風水師の男性」ということが辛うじて分かる程度。

外見や人物像については各プレイヤーのイメージに委ねられる。

キャッチコピーの1つに「常識は、今のうちに捨てておいてください」とある通り、一般的なゲームの世界観を覆すような設定の数々に塗れている。

陰界の、しかも最も邪気に歪んだとされる九龍城では我々の住む陽界の常識など全く意味を成さない事を嫌というほど思い知るだろう。

九龍城の住人達は、独自の価値観と流儀を持って生活している。

陽界から来た主人公は、いわば「余所者」であり、敵は言うまでもなく協力者もどことなく距離を置いた態度で接して来る。

勘違いされがちだが、本作はいわゆるスプラッターの様な残酷な描写というものは意外に少ない。

しかしグロい描写や生理的・精神的に不快感を覚える映像と演出がこれでもかと言うほど登場する。

これを独特の世界観とセンスによるものと考えるか、それとも製作者の嫌がらせと考えるかは本作の世界観とシステムを受け入れることができるかどうかにかかっている。

ムービーや主要なキャラはフルボイスでこれまた非常に完成度が高い。

起用されている声優も、青野武氏や千葉繁氏といった大ベテランから笑点の座布団運びで有名な山田隆夫氏など、その世界をよく知らない人でも声を聞いたことがあるほどの豪華な顔ぶれで、濃い世界観とキャラクターが故、各人の魅力や技量が遺憾なく発揮されている。

ただでさえ独特で万人が受け入れられるとは言いがたい内容に加えて、プレイヤーに苦行を強いるような不完全なゲームシステムのせいで、「人を選ぶ」という言葉すら生ぬるい怪作になってしまった。

その一方で、映像や世界観の評価は高く、唯一無二の世界の虜…宛ら『クーロンズゲート』というゲームの妄人となる者も確かに存在する。

このような陰陽魚太極図の如き強烈な二面性を持っている本作はある意味賛否両論ゲーの極致といえる存在である。

YouTube等で動画もアップロードされているので、興味のある人はまず視聴をお勧めする。

映像作品として見る分には価値のある作品であることは確かだ。

見る分には。

その上で、世界観に魅力を感じた人は、ある程度の覚悟をして本作をプレイしてみるといいかもしれない。

ただ一つ忠告させてもらうならば、本作はクリアをしようと思ってプレイしない方がいい。

そのような考えでは長続きしない可能性が高い。

いろんな所をまわり、いろんな人と触れ合って、何処までもこの世界にはまり込んでいく。

それが我ら陽界の人間の、陰界の九龍城との付き合い方というものなのだろう。

●ストーリー
1997年、中国返還前の香港に、取り壊されたはずの九龍城が突如として出現した。
否、陰界の九龍城がこの陽界に現れたのだ。
陽界と陰界は本来互いに交わることのあってはならない存在。
このまま陰と陽が交わり続ければ世界は意味を失い破滅することとなる。
二つの世界の風水を監視していた香港最高風水会議は、陰界にて風水の源となる四神獣の見立てが行われていない事にその原因があると断定、一人の若き超級風水師を召還し見立ての任にあたらせる。
プレイヤーであるこの風水師は世界の均衡を保つ為、単身、陰界の九龍城に潜入する。

記事の引用元はここをクリック

[game-1]

KOWLOON’S GATE クーロンズ・ゲート-九龍風水傳-(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【KOWLOON’S GATE クーロンズ・ゲート-九龍風水傳-(最新無料動画はここをクリック)】