F1レース(ファミリーコンピュータ)

【発売日】 1984年11月2日

【発売元】 任天堂

【メディア】 192キロビットロムカセット

【ジャンル】 レースゲーム

【エグゼクティブ・プロデューサー】 山内溥

【プロデューサー】 上村雅之

【プログラム】 副島康成、岩田聡

【ミュージック・コンポーザー】 金指英樹

【ミュージック・プログラマー】 菅浩秋

[csshop service=”rakuten” keyword=”F1レース ファミリーコンピュータ” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

私の感想

残念ながら、私はこのゲームをプレイしたことがありません。

何故でしょうか?

当時の私は、車に興味が無かったですからね~

楽しみを見いだせなかったんでしょうね♪

なんとなく敬遠していました。

でも、車が好きな人は楽しんでいたって記憶がありますね~

概要 (説明はWikipediaより)

1984年11月2日に任天堂から発売された、ファミリーコンピュータ用ゲームソフトである。

フォーミュラカーを操作して敵車を避けながら、制限時間内に規定回周走るという内容である。

コースは難易度順に10コース用意されている。

スタート画面で選択した3つの難易度毎に、1コース・3コース・6コースから始まり、そこから順に5コースまで走ることができる。

1周すると制限時間が増え、2周するとそのコースはクリアとなる。

5コース目は制限時間が無くなるまで走る。 (1コースから始めると5コースまで・3コースから始める7コースまで・6コースから始めると10コースまでとなる)

コースアウトすると失速し、敵車や障害物にぶつかると爆発と同時に停止しタイムロスとなる。

制限時間が無くなると減速後停止しゲームオーバーとなる。

記事の引用元はここをクリック

[game-2]

開発 (説明はWikipediaより)

後に任天堂社長となる岩田聡が、HAL研究所在籍時、開発に関わっていたソフトウェアでもある。

画面構成、隠しフィーチャー等、ポールポジションの影響を強く受けた作品になっている。

まだ同機でのソフトウェアではラスタ単位での制御が行われることの少なかった時期に0番スプライトによるスキャンライン判定を利用した、ラスタースクロールによってコースのカーブを表現していた。

時速416キロに達した場合、ターボチャージ状態となり最高速度が497キロまで上がり、強烈なダウンフォースによりグリップ性能が良くなるという裏技がある。

記事の引用元はここをクリック

[game-4]

F1レース(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【F1レース(最新無料動画はここをクリック)】