ドラえもん のび太のドラビアンナイト(PCエンジン)

【発売日】 1991年12月6日
【発売元】 ハドソン
【開発元】 ナウプロダクション
【価格】 5800円
【メディア】 4メガビットHuCARD
【ジャンル】 アクションゲーム

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

[csshop service=”rakuten” keyword=”のび太のドラビアンナイト PCE” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

1991年に上映された同名アニメ映画のゲーム化にあたる。

メインジャンルはスタンダードな横スクロールアクションである。

Huカード版とスーパーCD-ROM2版のマルチリリースとなっている。

当時のPCEは同じゲームをHuカード、CD-ROM2系の2メディアにて発売する事が時折あった。

SCD版はHu版の上位バージョンの位置付けにあたる。

ゲーム内容自体は両者共に特に相違はない。

SCD版限定として「大容量を駆使したアニメシーン導入やアニメキャストによるイベントフルボイス化」「エンディングに映画版のテーマソングが流される」といった演出が追加されている。

本作の前にPCEにて『迷宮大作戦』がリリースされたが、それとはストーリーはおろか、ゲームシステムも完全に別物化している。

よって、本作は単にドラえもんを題材とした単独のゲームである。

アクションゲームとしての土台はしっかりと作られている。

以前作の『迷宮大作戦』に比べ、バリエーションに富んだステージ構造になり、マンネリ化の面では大幅に改善が成された。

といっても、『迷宮大作戦』の使い回しの多さがアレだっただけの話だが…。

アクションゲームとしての出来はごく普通としかいいようがないレベル。

特別凄いというべきものも、クソゲーととれるような酷い部分も見当たらない。

ストーリーを楽しみたいならSCD版、余計な演出抜きで楽しみたいならHu版がおそらくは適任だと思われる。

どの道、アクションゲームとしての出来は全く差はない。

ドラえもんゲーが偏見的にクソゲーだらけと思われてしまいがちだが、実際は最低限かそれ以上は遊べるゲームの方が多い。

『迷宮大作戦』にしろ本作にしろ、PCEのドラえもんゲーは決してクソゲーではない。

記事の引用元はここをクリック

ドラえもん のび太のドラビアンナイト(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【ドラえもん のび太のドラビアンナイト(最新無料動画はここをクリック)】