ギャラガ(MSX)

【発売日】 1984年5月30日
【発売元】 ナムコ
【開発元】 ナムコ
【ジャンル】 シューティングゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”ギャラガ” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

ナムコが開発した面固定型シューティングゲーム。

『ギャラクシアン』に多くの要素を取り入れ、80年代シューティングゲームの代表の一つとなった。

2方向レバーで自機「ファイター」を左右に動かし、ボタンで2連射可能のビームを発射して敵を撃ち落として全滅させるという基本はギャラクシアンと同じ。

敵は編隊を組んで飛来(中には体当たりを仕掛けてくる敵も)後整列し、整列が完了したらランダムに出撃していく。

前作では最初から編隊がそろっていたが、徐々に揃う形に変更された為、敵が揃うまでに攻撃を加えて数を減らす事が出来るようになった。

序盤のステージは整列中にほとんど攻撃して来ない為に非常に簡単だが、ステージが進むにつれて一部の敵が体当たりを仕掛けたり弾を撃つなどの攻撃をしてくるようになる。

敵は3種類+αに分けられ、それぞれ性質が違っている。

敵の残り数が少なくなると、全ての敵が攻撃を仕掛けてくる。

4面ごとにチャレンジングステージ(ボーナスステージ)がある。

それまでのシューティングゲームと比べ爽快感が大幅に増えた。

自機の初期性能はショットが2連射になった事で強化され、広範囲に攻撃可能なデュアルファイターの採用により、「大量に現れる雑魚敵を性能の高い自機で撃ちまくる」概念を確立させる事になった。

シューティングゲームにおける「オプション」および「パワーアップ」要素の雛形的な存在と言えるかもしれない。

本作以降のSTGは「インベーダー」の様な「狙い撃ち重視」から「撃ちまくり重視」へと徐々にシフトしていった事から、本作はSTG界における重要なターニングポイントの一つと言える。

本作では自機性能が強化されている反面、敵の性能も進化しており、敵の動きが複雑化しスピードアップし、スリリングな展開も待ち受ける。

『ギャラクシアン』に様々な改良を加え、プレイヤーを飽きさせないスリリングな展開やボーナス要素が多く、ナムコの代表作の一つとなった。

シューティングというジャンルの歴史から見ても、新たな時代の幕開けを予感させた代物と言えるだろう。

記事の引用元はここをクリック

ギャラガ(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【ギャラガ(最新無料動画はここをクリック)】