ダブルドラゴン(アーケードゲーム◆テクノスジャパン)

【稼働開始日】 1987年6月
【発売元】 テクノスジャパン
【開発元】 テクノスジャパン
【ジャンル】 アクションゲーム

YouTube responded with an error: Daily Limit Exceeded. The quota will be reset at midnight Pacific Time (PT). You may monitor your quota usage and adjust limits in the API Console: https://console.developers.google.com/apis/api/youtube.googleapis.com/quotas?project=855285235278

[csshop service=”rakuten” keyword=”テクノスジャパン” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

前年に稼動されたアーケード版『熱血硬派くにおくん』の流れを受け継ぎつつ、ベルトスクロールアクションというジャンルを確立したゲーム。

『熱血硬派くにおくん』を手掛けた岸本良久氏が本作のディレクターを務めていることから、後継作として作られた側面が垣間見られる。

ちなみに題名は『双截龍』と書いて『ダブルドラゴン』と読む。

いわゆるベルトスクロールアクション。

奥行きのある横スクロールのゲームである。

しかも2人同時プレイが可能。

全4面だが、ステージ3は前半の森林地帯と後半の敵のアジトの入り口に分かれているので実質的には全5面。

本作はステージ1からステージ3までステージが途切れることなく繋がっている。

8方向レバー+3ボタン(パンチ、ジャンプ、キック)でプレイヤーキャラクターであるリー兄弟を操作する。

ボタンとレバーの組み合わせにより、肘打ち(背後攻撃)やソバット等の技で攻撃できる。

道中では金属バットやナイフ、ムチ等といった武器が入手でき、それらを手にして攻撃することも出来る。

本作は「暴力表現」にかなり力を入れてあり、豊富な攻撃方法で相手を叩きのめすことが出来る。

「髪を掴んで膝蹴り」と「背負い投げでぶん投げる」という追い打ち攻撃が可能。

どう敵をひるませて、その敵にどう追い打ちを加えるかが、本作を楽しむポイント。

武器もまた「金属バットをフルスイング」「投げられたナイフを叩き落して投げ返す」「火のついたダイナマイトを投げ返す」などなど…。

ステージによっては地形もまた武器となる。

ベルトコンベアに巻き込んだり剣山に突き落としたり…。

せっかく多彩な攻撃方法があるにもかかわらず、実際は「肘打ち」が極めて強力で、これだけで最後まで進めてしまう。

リーチが長く相手は無防備に食らってくれる。

後方にしか出せない、威力がやや小さいというくらいしか難点がない。

左右2回レバー入力、いわゆる普通のゲームでいうダッシュ動作をすると頭突きになる。

リーチが短く起き上がり時に使えるか、程度でしかない邪魔なアクション。

意図せず出てしまうため操作性の悪さの一因となっている。

ウィリー(ラストボス)の機関銃の弾丸の威力は一撃必殺という極悪仕様。

つまり食らった時点で体力満タンでも1人ミスとなる。

2人プレイ時ではウィリーを倒した後、マリアン(ヒロイン)を賭けてプレイヤー同士が対決するという超展開。

多彩な方法で相手を叩きのめす、バイオレンスな爽快感が人気を集めた作品。

ベルトスクロールアクションのジャンルを確立した一作である。

当時としては過激な暴力描写のために、一部のファンからは「発禁になるのでは」と噂されたりもした。

記事の引用元はここをクリック

ダブルドラゴン(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【ダブルドラゴン(最新無料動画はここをクリック)】