スタジアムヒーロー(アーケードゲーム◆データイースト)

【稼働開始日】 1988年7月
【発売元】 データイースト
【開発元】 データイースト
【ジャンル】 野球ゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”データイースト” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

データイーストが1988年にリリースしたアーケード用野球ゲーム。

日本野球機構(NPB)加盟の12球団をモデルにした12チーム(選手名は変名)が使用可能。

アーケード用の野球ゲームで多く採用されているイニング買取制(10点差コールドなどの場合を除き、試合の途中でコインを追加投入しなければ最後までプレイ出来ない)ではなく、ゲーム開始時に2種類のモードを選択するのが特徴。

選手の体型は全般にスリムだが、背の低い選手や肥満体の選手は体格が強調して描かれている。

また、特別選手が登場することもあり、人間離れした魔球を始めとする野球漫画ばりの超人プレイを本格的に導入した初めての野球ゲームとなっている。

この他、特別選手ほど超人的な能力を持つ訳ではないが、各チームの代打枠にはモデルとなった球団のOBらしき選手が野手に2人、投手に1人それぞれ登録されている。

ノーマルゲームでポイントが0になった場合、コインを追加投入してコンティニューを選ぶと「特別選手」を1人ベンチ入りさせることが出来る。

ファイナルセットゲームの場合は事前に2人の特別選手を選択してメンバーに加える。

打者はほとんどが打率4割・ホームラン60本台を記録する「当たればホームラン」の長打力を誇っているが、野球漫画のような秘打を駆使する選手は存在しない。

これに対し、投手はそれぞれ個性豊かな魔球を有しており、魔球を投げる際は背後に炎が燃え上がる演出が採られている。

ヒュウマ – 左投手。『巨人の星』の主人公・星飛雄馬か。消える魔球(大リーグボール2号)を投げる。

ハ゛ンハ – 右投手。『侍ジャイアンツ』の主人公・番場蛮か[3]。分身魔球(投球後に5個の小さいボールへ分かれる)を投げる。

アストロ – 左投手。『アストロ球団』の主人公・宇野球一(アストロ・ワン)か。渦を描く魔球(ファントム大魔球?)を投げる。

ユウキ – 左アンダースロー。『野球狂の詩』の水原勇気か。点滅するスローカーブ(ドリームボール?)を投げる。

サワムラ – 右投手。沢村栄治か。剛速球を投げる。

オスカー – 左投手。『サイコニクス・オスカー』の自機・オスカーか。打者の手前で一時停止するストップボールを投げる。

チェルノ – 左アンダースロー。『チェルノブ』の主人公か。左右に振動する魔球を投げる。

シ゛ョー – 右投手。『サイボーグ009』の主人公・島村ジョー(009)か。打者の手前で急加速する魔球を投げる。

オツ゛マ – 左打者。『巨人の星』のアームストロング・オズマか。

ハナカタ – 右打者。『巨人の星』の花形満か。前髪がある。

ホウサク – 右打者。『巨人の星』の左門豊作か。眼鏡をかけている。

オウサン – 左打者。王貞治か。一本足打法で打つ。

イッテツ – 右打者。『巨人の星』の星一徹か。片手打ち打法で打つ。

マユツキ – 左打者。『侍ジャイアンツ』の眉月光か。片手打ち打法で打つ。

カンタ – 右打者。『一発貫太くん』の主人公・戸馳貫太か。片手打ち打法で打つ。

トカヘン – 左打者。『ドカベン』の主人公・山田太郎か。

コニシキ – 右打者。大相撲力士の小錦か。

ハンセン – 右打者。プロレスラーのスタン・ハンセンか。

チュウタ – 右打者。『巨人の星』の伴宙太か。

ルース – 左打者。ベーブ・ルースか。

記事の引用元はここをクリック

スタジアムヒーロー(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【スタジアムヒーロー(最新無料動画はここをクリック)】