アルゴスの戦士(アーケードゲーム◆テクモ)

【稼働開始日】 1986年5月
【発売元】 テクモ
【開発元】 テクモ
【ジャンル】 アクションゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”アルゴスの戦士” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

テクモ(後のコーエーテクモゲームス)より発売されたアクションゲーム。

1986年5月にアーケードゲームとしてリリースされ、後に様々なプラットフォームにて移植・リメイクが行われている。

ヨーヨー状の武器「ディスカーマー」を駆使して、ラウンド27に存在する獣王ライガーを倒すことが目的。

パワーアップアイテムに5種類のインドラがある。

『スターフォース』のゴーデス同様、本作にも100万点ボーナス「インドラの秘伝書」が隠されている。

ヒントは北斗七星である。

1998年にそれまで発売されていたアーケードゲーム全てを対象に行われたゲーメストムック『ザ・ベストゲーム2』では、『名作・秀作・天才的タイトル』と認定された「ザ・ベストゲーム」に選定され、「このゲームの特徴はステージによって、横スクロールの面と、縦スクロールの面などがあり、飽きさせないゲーム性をかもしだしている」、「得点ボーナスの条件はさまざまで、5つのインドラをすべて取ることや、星のアイテムを7つ集めること、5人並ぶ敵を地面に落とさずに倒す、ステージクリア時に得点とタイムをあわせてコマンド入力など、いろいろなボーナスが隠されているのだ。

極めつけは、あるステージでの百万点ボーナスもあり、当時のファンの間で騒がれた」と紹介されている。

記事の引用元はここをクリック

アルゴスの戦士(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【アルゴスの戦士(最新無料動画はここをクリック)】