妖精物語ロッドランド(アーケードゲーム◆ジャレコ)

【稼働開始日】 1990年4月
【発売元】 ジャレコ
【開発元】 ジャレコ
【ジャンル】 アクションゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”ジャレコ” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

ジャレコの2Dアクション。

可愛らしい見た目とは裏腹に、掴んで振り回して叩きつけるという暴力的なシステムを内蔵。

本作の正式名称は【妖精物語ロッドランド】だが、タイトル画面では【ROD・LAND~母を求めて30階~】と表示される。

プレイヤーは妖精の子供リットとタム。

1Pが女の子のリット、2Pが男の子のタムを操作する。

1キー2ボタン。

左右移動と梯子の上り下り、杖による攻撃と梯子生成が可能。

杖による攻撃の射程は短く、敵は一撃では倒せない。

だが、杖攻撃ボタンを押したままにする事で、相手を掴む事ができる。

掴んだ相手は左右の地面に叩きつけて倒す事ができる。

3回叩きつけると倒せるが、掴んだ敵で敵を叩くと叩いた敵を一撃で倒す事ができる。

叩きつけて倒した敵はアイテムを落す。

アイテムは爆発・ミサイルなど様々な効果を持つがすべて攻撃用。

攻撃用アイテムで敵を倒すとボーナスアイテムを落す。

画面内すべての敵を倒すとステージクリア。

一定ステージ通過後、ストーリーデモかボス戦が開始される。

可愛らしい見た目とは裏腹に難易度は非常に高い。

ジャンプできない・足遅い・射程が短い事が原因。

敵を倒した際に出現する攻撃アイテムを有効に活用し、序盤でEXTRAをこなし残機を貯める事が攻略のカギとなっている。

キャラクターの見た目が可愛らしい反面凶悪な攻撃・自機の暴力的な攻撃方法に目を奪われがちだが、一挙一動は細かく、背景も綿密。

背景はステージクリア後、次のステージへスクロールするのにあわせて用意されており、良く見ると巨大な一枚絵になっている事が解る。

ポップな見た目に反してコアユーザー向けなゲーム内容という、チグハグな面が見られたゲームであった。

記事の引用元はここをクリック

妖精物語ロッドランド(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【妖精物語ロッドランド(最新無料動画はここをクリック)】