『死を纏うヴァルハザク』(モンスターハンターワールド アイスボーン)の動画を楽しもう!

【名前】 死を纏うヴァルハザク
【種族】 古龍種
【別名】 屍套龍
【弱点属性】 火(○)、水(×)、雷(△)、氷(△)、龍(○)
【破壊できる部位】 頭、前脚、胴、尻尾
【出現エリア】 古代樹の森

[csshop service=”rakuten” keyword=”ヴァルハザク” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

屍を纏い瘴気を操る古龍、屍套龍ヴァルハザクの特殊な個体。

本来、瘴気の谷に潜んでいる筈のヴァルハザクだが、なんと古代樹の森に出現。

さらに古代樹の森の胞子と共生し、新たな生態を獲得していることが判明した。

新大陸古龍調査団はこの個体を≪死を纏うヴァルハザク≫として呼び分けている。

ヴァルハザクは元々屍肉を纏っていたが、この個体は胞子を纏っている。

さらに元々司る瘴気をうまく胞子と組み合わせ、全身の胞子に瘴気を大量に蓄積させ、敵の攻撃を瘴気で迎撃することを可能にしている。

ヴァルハザクが瘴気を吸い込むと、腹の胞子が一気に膨れ上がる光景が見られる。

こういった特に胞子の濃い箇所を攻撃すると、全身の胞子の活動が鈍るという観察結果が報告されている。

全身に瘴気胞子を纏ったその姿は通常種よりも遥かにおどろおどろしく、”死を纏う”とまで呼称される所以となっている。

記事の引用元はここをクリック

死を纏うヴァルハザク(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【死を纏うヴァルハザク(最新無料動画はここをクリック)】