TIZ -Tokyo Insect Zoo-(プレイステーション・PS1)の動画を楽しもう♪

【発売日】 1996年3月29日
【発売元】 ゼネラル・エンタテイメント
【開発元】 ゼネラル・エンタテイメント
【ジャンル】 アドベンチャーゲーム

[game-jyou]

↓の動画をクリックで動画を楽しめます♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

【中古】TIZ (Tokyo Insect Zoo)

【中古】TIZ (Tokyo Insect Zoo)
4,804 円 (税込)
【中古】TIZ (Tokyo Insect Zoo)【メーカー名】ゼネラル・エンタテイメント【メーカー型番】【ブランド名】ゼネラル・エンタテイメント【商品説明】TIZ (Tokyo Insect Zoo)当店では初期不良に限り、商品到着から7日間は返品を 受付けております。他モールとの併売品の為、完..

【中古】TIZ (Tokyo Insect Zoo) p706p5g

【中古】TIZ (Tokyo Insect Zoo) p706p5g
6,065 円 (税込)
(中古品)TIZ (Tokyo Insect Zoo)【メーカー名】ゼネラル・エンタテイメント【メーカー型番】【ブランド名】ゼネラル・エンタテイメント【商品説明】TIZ (Tokyo Insect Zoo)お届け:受注後に再メンテ、梱包します。到着まで3日〜7日程度とお考え下さい。当店では初期不良に限..
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

概要 (説明は『Wikipedia』より)

ゼネラル・エンタテイメントより1996年3月29日に発売されたPlayStation用のアドベンチャーゲーム。

かつて映画やテレビ番組などの映像作品を手掛けていたゼネラル・エンタテイメントがおくる、輪廻転生と終末思想を題材とした甲虫3Dアドベンチャー。

キャッチコピーに「ゲームを、ゼロから変えてみた。」とある通り、これまでのゲームの常識を覆すような演出がなされ、他作品には見られないような独特すぎる世界観とゲームシステム、そして数々の問題点を抱えていた。

主人公の少年・リョウは突然カブトムシとなり、虫たちが住む世界に放りこまれてしまう。

彼は様々な虫たちと出会い、ちょっと不思議な冒険を繰り広げる。

パッケージ裏に書かれたキャッチコピーは、「 ある日突然、カブトムシになってしまったらどうしますか? 」これだけでインパクト絶大。

シナリオは主に、誰かと会話する画面とFPS視点で3D空間を移動する画面の2種類で進行する。

シナリオの節目にはアニメーション・ムービーが入る事がある。

物語の舞台は、虫たちが住む楽園「Tokyo Insect Zoo」。リョウはカブトムシの姿でTIZに放り込まれ、仲間たちとの珍道中を経て脱出を目指すことになる。

TIZが一体どういう場所なのかは、ストーリーを進めていくことで明らかになっていく。

ある程度ゲームを進めるとTIZ内を歩き回るオープンワールドとなり、必要なイベントを全て回収することで物語が進む。

斬新かつ実験的なコンセプトを採用した結果、本作は「PS黎明期の意味不明な電波ゲー」としてマニアックに語り継がれることになってしまった。

本作がクソゲー呼ばわりされやすい所以として、ゲームパートの進めづらさが挙げられる。

様々な要因が進行を妨げており、まともにクリアするのもままならない。

序盤こそ一本道で親切なつくりになっているが、中盤のオープンワールド化以降はシナリオを進めるヒントがほとんど存在せず、進行が困難になる。

本作は初めから終わりまでノーヒントの操作を要求されるシーンが多い。

電波な描写と不親切なシステムが目についてしまうが、 それらを受け止めた上で味わえるストーリーは概ね評価が高い。

参加声優が豪華。

ホンジャマカや爆笑問題と言った芸人から千葉繫や三木眞一郎といったプロ声優まで、幅広いジャンルの業界人が参加している。

ゼネラル・エンタテイメントは元々映像作品を手掛けていたこともあって、時折流される映像はPSの中でもかなり良質な部類に入る。

アニメとしても違和感のない出来で、登場人物も可愛らしく描かれており、どこか愛着の湧くような見た目をしている。

自然の描写はまるでジブリのように、身近にありながらも我々が憧れているような自然の在り方がうまく表現されている。

本作はストーリーの特性上、植物などの自然も積極的に描かれるので、普段から人工物に囚われがちな私たちには癒しにもなる。

PS初期の奇ゲーとして、頻繁に名前が上がる一作。

90年代半ばに生まれた第5世代ゲーム機は新しい表現を可能にし、多くのクリエイター達が実験的な作品を作っては、奇妙な作品群が世に送り出されていった。

本作もまたその一つである。

プレイヤーの前に突きつけられるのは、意味不明なゲーム展開・電波な会話といった情報の洪水である。

ゲームとしてはとにかく不親切で、お世辞にも万人受けするとは言い難い。

根気が無いと最後まで遊びきる事ができず、苦痛に耐えかねて投げ出しかねない一面がある。

だからといって、決して一概に否定できる作品ではない。

根底にあるストーリーや世界観を評価する声は多く、負の要素をおしてまで良作とみなすユーザーも数多く存在する。

ゲーム性の悪さをストーリーが良しとしてくれる、いえば『ゲームでなければ良かった』不遇の作品である。

もし単なる映像作品であれば、また評価は変わったかもしれない。

意味不明さを前に投げ出すか、その裏に隠れた強烈な魅力を味わうか、それはプレイヤー次第である。

●キャラクター
・リョウ(声優 : 中崎達也)
・シオリ(声優 : 前田愛)
・ブル(声優 : 石塚英彦)
・ザッカ(声優 : 太田光)
・オーガ(声優 : 千秋)
・白い少女(声優 : 田嶋里香)
・リョウの父(声優 : 千葉繁)
・リョウの母(声優 : 佐久間なつみ)
・リョウの姉(声優 : 福島おりね)
・カミキリ(声優 : 田中裕二)
・クワガタ(声優 : 阪田マサノブ)
・女王シロアリ(声優 : 麻生美代子)
・17年ゼミ(声優 : 辻村真人)
・オトシブミ(声優 : 兼子由利子)
・チョウ(声優 : 木藤聡子)
・ハンミョウ(声優 : 三木眞一郎)
・コオロギ兄(声優 : 十時皇太)
・コオロギ妹(声優 : 石渡夕貴)
・フクロウ(声優 : 高木均)
・クモ、毒キノコ(声優 : 水森亜土)
・アナウンス(声優 : 鈴木琢磨)

記事の引用元はここをクリック

TIZ -Tokyo Insect Zoo-(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【TIZ -Tokyo Insect Zoo-(最新無料動画はここをクリック)】