セクションZ(アーケードゲーム◆カプコン)

【稼働開始日】 1985年12月
【発売元】 カプコン
【開発元】 カプコン
【ジャンル】 シューティングゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”カプコン クラシック” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

1985年にカプコンからリリースされた横シューティング。

我が物顔で宇宙を暴れ回った挙句、惑星の侵略を行うバラングール帝国の暴走。

ついにその標的を地球に向けてきた奴らを倒す為、孤独の戦士が単独でバラングール帝国の核にあたる人工生命体エルブレインが潜むバイオベースに挑む、というストーリー設定。

一人~二人交互プレイ可能、全5ステージ構成、周回制。

使用コントローラーはレバー+2ボタン。

レバーにて自機の移動、ボタンはショットと、自機方向を左右切り替えに使う。

ショットは前方型ショットと放物線状に落下するボム型ショットを同時に放つ。

他ゲームで例えるならば、『グラディウス』のショット&ミサイルのようなものを想像して頂きたい。

自機方向切り替えは、自機のショット方向の向きを左右のどちらかに振り向かせるのに使用する。

ボタンを押す度に、自機向きが右向きなら左に向き変え、左なら右に、といった具合。

自機が地形の地面に触れると歩き動作になり、その状態でレバーを下に入れるとしゃがみが可能。

ときおり登場するカプセルシェルターを破壊するとアイテムを落とす。

「P」「S」「B」の三種類があり、各効果は「自機パワーアップ」「スピードアップ」「スコアボーナス」となっている。

パワーアップとスピードアップは取り続ける事により最高三段階まで強化できる。

このゲームのステージ舞台は「A」から「Z」まで26段階のセクションにて構造されている。

ゲームを進めていくうちにアルファベットで表記された文字が現れ、それを通過すると次のセクション(アルファベット)に進むという流れとなる。

当時の横シューティングとしては珍しく、ステージによってスクロールが上下左右のどちらかに変わるという要素を持っている。

ゲームとしての完成度は決して低くはなく、外見の地味さ加減や、難易度の厳しさは目に付くものの、十分に遊べる出来であり、決してクソゲーと呼べる程の存在ではなかった。

本作は難易度が高いが故にとっつきが良いとはいえなかったが、サイドアームは難易度が低いが故の低寿命を迎えてしまい、カプコンの自機左右振り向き系シューティングは両者共に商業的ヒットしたとはいい難いところ。

当時のカプコンのアーケード作の中でもかなり地味な存在で、しかも同年には同社の『魔界村』や『戦場の狼』といった大ヒット作がリリースされた影響も相まって、一層マイナーな存在となってしまったのは否めないところ。

記事の引用元はここをクリック

セクションZ(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【セクションZ(最新無料動画はここをクリック)】