サンダーゾーン(アーケードゲーム◆データイースト)

【稼働開始日】 1991年
【発売元】 データイースト
【開発元】 データイースト
【ジャンル】 シューティングゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”データイースト” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

『ならず者戦闘部隊ブラッディウルフ』の続編。

横画面全方位STG。

プレイヤーは特殊部隊の男達を操って与えられた任務をこなしていく。

今回(本作)の任務は誘拐された博士を探し出し救助する事。

進行方向に応じて射撃方向が変化する全方位STG。

ライフ制を採用している。

射撃はアイテム取得によって変化する。

大抵該当銃器を装備した敵を倒す事で入手できるが、コンテナを破壊して出現する場合もある。

他にもライフ回復アイテムやバイクやジープが出現。

乗り物に乗っている間は乗り物そのものの耐久性を問うのでバリア代わりに使える。

全画面攻撃のボムも装備。

威力は高いが、ステージ中で入手する事は出来ず、3・4面クリア時の訓練と言う名目のミニゲームをクリアする事で増やす事ができる。

使用キャラクターによって性能が微妙に変わる。

ゲーム全体の難易度はそれほどではないが、最初のステージから難易度が高い。

最初のボス撃破も容易ではない。

同時にラスボスは攻撃パターンを比較的容易に見切れるものの、耐久が非常に高く精神が磨耗していく。

ボムを溜め込んでの早期決着推奨。

「変なゲームならまかせとけ」と言うキャッチフレーズが与えられたものの、データイーストは自分達が変なゲームを作っているという自覚が無かったと言われている。

本作はまさにそれを体現するような作品で、一見すると何てこと無い普通の全方位STG、戦場の狼亜流作なのだが、にじみ出る妙なノリがそれを示している。

難易度におけるムラと耐久の高すぎるラスボスは、データイーストのゲームに良くある欠点であり、「普通のゲームのように見えるけど滲み出る変なノリ」もあり「典型的なデータイーストのゲーム」と言えるだろう。

記事の引用元はここをクリック

サンダーゾーン(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【サンダーゾーン(最新無料動画はここをクリック)】